特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2011-04-15 の記事

定年制、歩合制廃止で...

昨日 夜の経済番組 「カンブリア宮殿」
において、 愛知県の 工作機械部品メーカー
のN社の話がありました。

ここでは、定年制がなく 65歳でも、70歳
でも、本人が希望すれば 働くことができます。

高い技術と、後輩・若い世代への技術の伝承が行われ
ています。

夜勤明けの社員のために、社長自ら 夜明け前から
出社し、温かいものを作って 労をねぎらっている
姿勢が印象的でした。

また一方、滋賀県 「建築会社 びわこH社」の話も
紹介されていました。

以前、営業社員は歩合制であり、給料に占める営業の
歩合は非常に大きいものでした。

ところが、営業社員同士が 商売敵で ぎすぎすした
関係であり、また 数カ月実績がない社員は いずらく
なって辞めてしまう。

会社の中の雰囲気も良くなく お客さんが来づらい雰囲気
だったそうです。

そこで、社長は 歩合制を止め 違う評価制度を導入した
のです。

お客さんへのサービス、提案、新築後のメンテナンス、
アフターサービス等 各段に向上し 8年連続 地域No.1
の実績です。

社長の話、「うちは、スーパーマンの営業社員はいらない」
という言葉が印象的でした。

これら、N社もB社も 共通しているのは、いかに適切に
人事考課をし、社員のやる気、モチベーションをアップさ
せるかを、社長が本気になって考えていることです。

会社経営にとって、人の問題、人事・労務管理が最も重要で、
また難しいというのが 十分に伝わる、非常に良い 番組でした。


Posted at 2011年04月15日 23時18分40秒  /  コメント( 0 )

東北から郵便届く 相...

当事務所は、行政書士業務の中でも 相続・遺言の
分野で、旭川及び 道北地方で 一番の取り扱いで
法律の分野でも、最も詳しいと自負しています。

さて、現在扱っている相続で 相続人の中に、仙台市
太白区の方と 福島県:須賀川市(一時、避難生活をして
おられました)がいて、郵便事情の関係で しばらく様子
見をしていました。

この度、このお二人からも戸籍、印鑑証明等の書類が届き、
まず不動産の名義変更で、取引先の 司法書士に書類一式
を渡し、
金融機関は、来週 相続人代表者と一緒に回ることになり
ました。

この度の震災で、1ヶ月以上時間が掛ったのですが、郵便は
今回の相続の関係では、ほぼ通常に戻ったようです。

ところで、社会保険労務士会の方で、震災の義援金の募集が
あり、できる限りの協力をしました。

また、民生委員その他でも 複数 義援金の協力をさせて
いただいてます。


Posted at 2011年04月15日 22時54分34秒  /  コメント( 0 )