特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2007-07-07 の記事

札幌市の小学校教諭が...

今日の道新の報道によりますと、札幌市内の小学校教諭が速度違反の現行犯で逮捕され、
そのついでに9年間無免許で運転していたことが判明したとのこと。
本人のモラルの低さが一番問題ですが、9年間見過ごしてきた教育行政も大いに問題があったと思います。
無免許運転で事故を起こした場合は、車の保険の適用外になると思いますので、本人に対する損害賠償はもちろん、行政も民法715条の使用者責任を負うと思われます。
私は社会保険労務士の立場で労務管理を、行政書士の立場で企業法務を担当しているのですが、
社員の車の運転、事故に関する相談、車の運転に関する規程
作成
を依頼されます。
規程は3種類あります。
1.「マイカー通勤規程」
2.「会社所有車使用規程」…会社の車を利用する時の規程
3.「マイカー業務上利用規程」…通勤で利用する私所有の車を仕事でも使用する時の規程
いずれも、運転する者の免許の確認、自賠責の確認、任意保険の保証内容の確認は必須です。
これらが、まったく確認されていなかった教育行政のお粗末さに驚くばかりです。
企業の皆さんも、この事件を反面教師として、車と社員の運転に関する管理の見直しをすることをお勧めします。


Posted at 2007年07月07日 23時01分09秒  /  コメント( 0 )