特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2012-08 の記事

行政書士会の研修「環...

先日の26日(日)と27日(月)の二日間、行政書士会主催の
研修、「環境ISO14005初級研修」を受講してきました。

札幌であったのですが、27日は朝9時からスタートのこと
もあり、また初日の26日(日)は懇親会も予想されたことか
ら、泊まりがけで参加しました。

参加者は、全道から約30名ほどでした。

内容は、環境ISO14005の概要、企業のメリット、推進
方法、コンサルの仕方、認証に向けての進め方等、大変分かり
やすく、実践的なものでした。

早速、是非企業に向けて提案し、環境ISO14005取得を
進めたいと思います。

行政書士会道会の役員、他関係者の皆さん、大変お世話になり
ました。


Posted at 2012年08月28日 18時33分52秒  /  コメント( 0 )

「農の雇用事業」申請

取引先の農業法人で依頼を受けていた、「農の雇用事業」を
本日、申請しました。

これは、農業への新たな就業希望者を雇い、研修する農業法
人等に対し、研修の経費の一部を助成してくれるものです。

要件に該当すれば
一人に対し、月額 97,000円が1年間支給されます。

今回は、当初の1年にさらに1年の延長も予定されているよう
です。
つまり最大一人当たり 97,000円×12月×2年間
     =2,328,000円 支給される可能性があり
ます。

申し込は、平成24年8月1日〜9月14日 必着
研修期間は
平成平成24年11月1日から平成25年10月31日までの
1年間です。

農業関連で、春先に新規で雇い入れた法人等の方で、関心のある
方は、お問い合わせください。


Posted at 2012年08月28日 18時21分44秒  /  コメント( 0 )

紋別市 ガリンコ号で...

18日(土)は、実家の兄夫婦等 総勢5名 +2名(現地集合)
の 7名で、紋別にカレイ釣りに行きました。

早朝出発で、今回は実家で前泊させてもらいました。

当麻町を3時半出発し、紋別市に着いたのは5時半、乗船の手続
き、食事(朝ごはん)等で 時間になり 7時出発のガリンコ号
で、4時間コースの船釣りをしてきました。

釣りの成果は?今回は、皆さん不調で、あまり釣れませんでした。

身軽に行けるのが、大変な魅力です。皆さんも是非、行ってみては?
さてガリンコ号での釣りの様子です。

ガリンゴ号
 船での様子(姪っ子)

レストランと向こうにガリンコ号


Posted at 2012年08月20日 10時22分46秒  /  コメント( 0 )

ただ今 就業規則の見...

ただ今 就業規則の見直し 4件実施中です。

私の就業規則の制定、見直しは、その会社の実態、問題点、
課題を十分調査し、加えて社長の考え方、社員のモチベーション
アップの推進等、時間を掛けて(概6ヶ月)行います。
標準コース=約6ヶ月掛けて、じっくり取り組みます 
→315,000円(消費税込)です。

就業規則の制定、改正に向けて 普段から多大な時間と経費を掛
けて準備しています。

先日の河野先生のセミナー(旅費を含めると24万円以上)、何十冊
の本、書式 少なく見ても 50万円ほど

実際、4件同時の就業規則見直しは、精神的にも相当にしんどい仕
事です。

さて、報酬は急ぎの見直しもあり、2ヶ月で 50万円です。

仕上げは、(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、
士別市、名寄市及びその周辺地域)で、どの社会保険労務士、行政書
士に負けない、優れたものと自負しています。

就業規則と言えば、松田 隆 と是非、思い出して下さい。


Posted at 2012年08月19日 21時36分37秒  /  コメント( 0 )

西高同窓会が大盛況の...

先週の11日(土)西高同窓会があり、大盛況のうちに終了しました。

予定を上回り、来賓を含めて会場での参加者が400名以上でした。

私は会計の総括責任者でしたが、会券の回収は当日がほとんど、しか
も、同窓会が始まる30分前から会場がごったがえしの状態で、はたし
て予定人数分が集まるか?、会券のお金の回収が順調にいくか?
会場費、印刷代等 経費を払って赤字にならないか等 最後まで、心配
でした。

しかも、当初予定より参加者が多い中、ビール、ウーロン茶、ジュース
等の飲み物が不足がちで、しかし一方、ノーチェックで出すと、最終的
に大量の飲みかけのビールがテーブルに残ることも予想されるので、そ
のへんのかねあいも難しいところです。

全て、無事完了しました。

結局、会計責任者としてあまりテーブルで飲食できず、その後の同期の
二次会の二幸(市内3-7)で、同期にメンバーと楽しく会食したのです。 

関係者の皆様、とりわけ10年後輩の32期の皆様(約90名参加)
大変お世話になりました。


Posted at 2012年08月15日 16時58分33秒  /  コメント( 0 )

昨日、経審9件申請

昨日午後1時から、上川総合振興局で 経審9件を申請しました。

職員1名と私2名で約1時間半で終了しました。

その後、産廃の変更の申請で相談に行き約1時間。

建設業は、許可新規・更新、決算報告、経審を総合的に扱って
います。

行政書士に依頼することを考えている方は、是非ご相談ください。


Posted at 2012年08月09日 20時24分51秒  /  コメント( 0 )

育児・介護休業の改正

育児・介護休業法は、平成21年6月に改正され、一部を除き、平成22年
6月30日から施行されました。

ただし一部の規定は、常時100人以下の労働者を雇用する中小企業について
は平成24年7月1日から施行されました。
趣旨は、少子化対策の観点から、喫緊の課題となっている仕事と子育ての両立
支援等を一層進めるため、男女ともに子育て等をしながら働き続けることがで
きる雇用環境を整備するものです。

主な改正点は、以下の通りです。

1子育て期間中の働き方の見直し
○3歳までの子を養育する労働者について、短時間勤務制度(1日6時間)を
 設けること 事業主の義務とし、労働者からの請求があったときの所定外労
 働の免除を制度化する。
 ○子の看護休暇制度を拡充する(小学校就学前の子が、1人であれば年5日
 (現行どおり )、2人以上であれば年10日)。

2父親も子育てができる働き方の実現
○父母がともに育児休業を取得する場合、1歳2か月(現行1歳)までの間に、
 1年間育児休業を取得可能とする(パパ・ママ育休プラス)。
○父親が出産後8週間以内に育児休業を取得した場合、再度、育児休業を取得可
 能とする。
○配偶者が専業主婦(夫)であれば育児休業の取得不可とすることができる制度
 を廃止する。
 ※これらにあわせ、育児休業給付についても所要の改正

3仕事と介護の両立支援
○介護のための短期の休暇制度を創設する(要介護状態の対象家族が、1人であ
 れば年5日、2人以上であれば年10日)。

4実効性の確保
○苦情処理・紛争解決の援助及び調停の仕組みを創設する。
○勧告に従わない場合の公表制度及び報告を求めた場合に報告をせず、又は虚偽の
 報告をした者に対する過料を創設する。

以上ですが、これを見て分かる方は少ないのではないでしょうか?

詳細は、 http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/07/tp0701-1.html


Posted at 2012年08月06日 18時58分49秒  /  コメント( 0 )

65歳雇用義務化

昨日の道新の夕刊に掲載されましたが、65歳までの雇用の
義務化が衆議院で可決され、参議院でも可決の見通しです。

私は、道内2十数名の高年齢雇用アドバイザーの一人ですが、
今後のアドバイザー活動に大きく影響が出てきそうです。

いくら真剣のアドバイスしても、法律で65歳までの雇用の
義務化にならない限り、制度化しないと言っていた経営者が
多かったのですが、今後はそんな言い訳は通用しません。

もちろん若い人の雇用も重要です。会社の業績も大変なとこ
ろの方が多いと思われます。

しかし、65歳までの雇用の義務化が決まる中、就業規則の
全面的見直し、雇用制度の見直しが重要です。

人事・労務管理がますます重要になります。
私の仕事もますます忙しくなりそうです。
経営者の皆さん、知恵を使って、社員にモチベーションのアッ
プ、会社の業績アップの方策を考えましょう。


Posted at 2012年08月02日 20時15分05秒  /  コメント( 0 )

事務所急成長のヒント...

河野先生のセミナーについて、続き

河野先生のセミナーが札幌であったことは、本当にあり
がたい話でした。

これが東京開催の場合、耐えがたい暑さと、時間的にも
前泊・後泊等、負担が多く、大変です。

今回のセミナーで、参加費が約20万円、JR代・ホテル
代で2万円プラス、また河野先生の本3冊購入で1万数千円と
24万円ほどの出費でした。

しかし、労働時間のとらえ方、時間管理、残業代請求への
対応策、労基署への対応 等 どれも参考になるものばかり
で、これから数年で新たな売上が1千万円以上は見込めると確信
していますし、向こう1ヶ月くらいで、集中的に復習し、実践
していきたいと思います。

一番感じたことは、私のとって旭川市を含めて道北でNO.1の
事務所であり、北海道で有数の社会保険労務士・行政書士に
なる方法が明確になったことです。

それは、今まで以上に、民法、刑法、行政法、民事訴訟法、
憲法、労働法をより広くかつ深く勉強し、実践(仕事)に活か
すことです。

これら、全ての法律は学生時代に勉強したことばかりです。

道内の他の社会保険労務士・行政書士に負けるはずがないと
確信しています。

河野先生のセミナーを通じて、仕事に直結し、企業のお役
立てる方法を知らされ、今後の研究テーマ、研究の仕方も教え
ていただきました。

今後の目標ができました。河野先生には心から感謝申しあげ
ます。


Posted at 2012年08月02日 20時03分15秒  /  コメント( 0 )