特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2010-06 の記事

失業者の健康保険(国保...

健康保険に加入していた方が失業した場合、今までは
任意継続が一番 徳なケースが多いと言えました。

任意継続は、最大 2年間活用できます。

一般的に、通常の所得では 旭川市を初め、国保は高いケース
が多い言えます。

ところが、
○特定受給資格者(倒産、解雇、退職勧奨、時間外残業の多かった方 等)
○特定理由離職者(雇い止め 等)

に該当する方は、前年所得の3割を基準にする制度が始まりました。

道新の5月31日(月)朝刊にも出ていますが

札幌市の例で
年収480万円(夫婦・子供一人 の例で)
○健康保険の任意継続 =健康保険料の年額  366,912円(介護保険料を含む)
○国保(通常)     =      年額  448,550円(高い!!)
○国保        =      年額  155,490円

と、通常の国保の約1/3ですみます。

但し、適用は離職後の年度末 …今年度は、23年3月末までです。
お問い合わせは、住んでいるところの市町村 窓口です。

任意継続は、退職後20日以内に手続きが必要です。

ですから、自分が「失業者の健康保険(国保)料 軽減制度」に該当
するかどうか、どちらが徳かも含めて、速急な手続きが必要です。 


Posted at 2010年06月09日 08時32分12秒  /  コメント( 0 )

傷病手当金と障害年金

社員が業務外の病気、怪我で仕事ができない場合、
一般的に、健康保険の「傷病手当金」を申請するのが一般的です。

最初の申請から、最大1年半の間 受給できます。

例えば、うつ病などで仕事ができなくなり、会社を休む場合、
会社からの給料が出ないとして(=無給の場合) 金額は基本給の
2/3支給されます。

一方、うつ病の場合、障害年金に該当する可能性も高いと言えます。

障害年金は、年金の納付要件等があります。

うつ病を例にすると、まず初診日(最初にその病気で医師の診断を受けた日)
が重要で、原則、その後 1年半経過した時が、障害認定日で、障害が認定
された場合に、障害年金に該当になります。

この初診日から1年半の例外は(=1年半待つ必要がない場合のことです)、
1.片足切断等の場合 =切断した日
2.人工透析     =人工透析を開始した日から3ヶ月を経過した日 
3.心臓ペースメーカー、人工弁、人工関節、人工肛門 =付けた日   

障害年金は障害の等級、配偶者の有無、子供の年齢等 も関係しますが、健康
保険の傷病手当金の方が、高い例が多いかと思います。

結論は、健康保険の傷病手当金と、障害年金の両方を受給することはできませ
ん。

一方、障害年金は初診日と、原則その後1年半後の 障害認定日で決定されます。

ですから、初診日から1年半、傷病手当金を受給するのは原則、問題ありません。

なかなか、複雑で難しいなお話ですが、業務外の病気、怪我で仕事ができない
場合、まず、傷病手当金を受給し、なかなか治らず仕事ができないな場合、
障害年金の申請も考える必要があるということです。


Posted at 2010年06月08日 23時20分51秒  /  コメント( 0 )

末っ子と千葉・船橋で焼肉

千葉の幕張での4日間のうち

26日(水)、末っ子に会い 食事(夕食)をすることができました。

同じ千葉でも、私は幕張で末っ子は柏市です。

結局、交通の便で 中間地点の 船橋で会うことにしました。

バスと電車で約1時間 やっと会えました。

それにしても、船橋はかなり大きな街です。

末っ子とビールを楽しく飲み、焼肉を食べました。

末っ子は、元気そうで、お盆には旭川に帰って来る予定です。 


Posted at 2010年06月06日 23時36分00秒  /  コメント( 0 )

本を5冊読みました

千葉の幕張の4日間の研修で 飛行場、飛行機の中、移動のバス
ホテル内 =今回も東京ベイ・アパホテル(幕張)で、37階に連泊

で、計 5冊の本を読破しました。
大いに収穫がありました。

1.「60歳からの年金・健保・雇用保険・税金の判断基準」
 381P 日本法令:著者・渋谷 康雄氏 (社会保険労務士)  

2.ビジネスガイド6月号
 日本法令:社会保険労務士向けの専門誌
 (労働・社会保険、税務の官庁手続き&人事労務の法律実務)

3.「クレーム対応・処理 完全実務マニュアル」
 380P 日本法令 著者・佐藤 孝幸氏(弁護士)

4.公的年金のしくみ
 130P 服部年金企画

5.「総務・労務の失敗事例とその対処策・予防策」
 272P 日本法令:著者・大西 守氏(社会保険労務士)
  


Posted at 2010年06月06日 23時27分59秒  /  コメント( 0 )

研修で千葉の幕張に行...

昨年も4回行ったのですが、今年も 研修で千葉の幕張に行ってきました。

5月25日(火)〜28日(金)にかけてです。

内容は、「70歳雇用支援アドバイザー認定講習」です。
全国から46名の参加でした。

70歳戦力化の必要性、法律問題、能力診断がメインテーマでした。

この中で、若い社員も含めてのモチベーションをいかに高め、それを
維持するかを考え、企業の指導・助言をするものです。

昨年の研修に関連するものでした。

非常に参考になった研修で、今後 企業のアドバイスに活用できると
思います。

是非、ご期待ください。


Posted at 2010年06月06日 23時12分10秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2