特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2009-12 の記事

キャリアコンサルティング

年末年始ではありますが、ここ1週間で 2人 ジョブ・カード
に関し、キャリアコンサルティングをする必要があります。

もちろん、それなりの報酬はいただきます。

予め、キャリアシートに記入していただいたのを前提に実施します。

本人の学歴、資格の確認をし、今までの職歴、その仕事を通じて、
どんなキャリアアップをしてきたかの確認をします。

最後に、現在の仕事で、パート、有期雇用から正社員になるために
仕事に対し、どんな目標を立てるか、どのようにキャリアアップを
図るかを、対話を通じて 気付いていただき、文章にまとめてもら
い、キャリアコンサルタントとして、コメントします。

相手に、大いに語っていただき、相手の考えを引き出すのが重要と
いえます。

パート、有期雇用は一般的に時間給で、言われたことだけすればよい
立場です。
逆に、時間給の、しかも時間給のあまり高くない労働者に、正社員並
の、高度な労働を一方的に期待する経営者は、少しむしが良すぎると
思うのですが。

正社員になるためには、自分で考え、工夫しながら仕事に取り組む
必要があります。


Posted at 2009年12月27日 21時53分01秒  /  コメント( 0 )

パートを正社員にする...

Q 当社は、正社員20名、パート50名の会社です。
  パートの中に、正社員と変わらないほどの時間働いている者もいて、
  また 仕事の内容も正社員に近い者がいます。
  本人の希望もあり、正社員登用制度導入を考えていますが、何か助成金
  があると聞いたのですが。
   

A 「中小企業雇用安定化奨励金」のことかと思います。
  平成20年4月以降、正社員への転換制度を導入した企業に一定の条件
  に該当すれば、1事業主に35万円 支給されます。


  支給までの流れは
  1.正社員への転換制度を導入します。
  古い就業規則、パート就業規則で確認します。導入に当って、ハローワークで
  制度導入の内容を十分確認、協議して 行う必要があります。
  2.実際にパート、有期雇用労働者を正社員に転換します。
  3.正社員に転換後、その労働者の賃金支払日から1ヶ月以内に、支給申請を
    します。
  4.正社員導入後、3年以内に3人以上を正社員に転換した場合、一人10万円
   3人であれば、30万円支給されます。
   母子家庭の場合は、一人15万円支給されます。
  =ゆえに、正社員への登用の予定がないのに、早めに制度導入をした場合、結局
   もらえない可能性が高くなります。


  ホームページ http://www.office-matsuda.info/


特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域) 
主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
不動産・預貯金の名義変更のお手伝いをします。
遺言書作成・遺族年金請求のお手伝いをします。
ご希望の会社設立のお手伝いをします。
資金計画・会計処理のお手伝いをします。
建設業等許可・経営審査、記帳会計
会社設立


Posted at 2009年12月27日 20時10分42秒  /  コメント( 0 )

ジョブ・カードで 富...

22日(火)は、ジョブ・カードの件で 午前中は 旭川市のある
会社を訪問。

ジョブ・カード(有期実習型訓練)申請の書類の点検、札幌市の
能力・開発機構の担当者と打ち合わせをしました。

(その後、24日に、この会社も、正式にジョブ・カードの認定を
 受けました。)

午後は、同じく ジョブ・カードの件で富良野市を訪問しました。

この件は、新規採用を8人予定している 大きな話です。

富良野までの往復は 道がスケートリンクのような状態で、車の
運転が非常に恐い状態でした。

24日(木)の名寄事務所の往復でも 塩狩峠付近が同じく 道が
極端にすべる状態で 今の時期 道北地方の車の運転は 十分な
注意が必要です。

ホームページ http://www.office-matsuda.info/ 

特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域) 
主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
不動産・預貯金の名義変更のお手伝いをします。
遺言書作成・遺族年金請求のお手伝いをします。
ご希望の会社設立のお手伝いをします。
資金計画・会計処理のお手伝いをします。
建設業等許可・経営審査、記帳会計
会社設立


Posted at 2009年12月26日 22時21分58秒  /  コメント( 0 )

衙務て札劵紂璽泪鵝Ε...

現在、衙務て札劵紂璽泪鵝Ε僖錙璽困離蹈瓦鮑鄒中です。

まずは、名刺で使用する予定です。

経営者の会(今回は、同友会)の関係で、印刷関係のかとう印刷(神楽)
さんに お願いしています。

サンプルが3種類出来上がり、近日中に修正、確定予定です。

人事・労務管理のコンサルタント会社として、大いに活用することに
なるかと思います。

出来上がったら、早速 お見せしますので お楽しみに。


Posted at 2009年12月06日 22時37分18秒  /  コメント( 0 )

R市の商工会議所で ...

地元経済誌で最近、 留萌管内のR市の商工会議所で職員による
使い込み事件があり、世間に公表しないで済ましてきたとの記事
が出ていました。

記事の内容によると、約10年前の事件のようです。

前のブログでも書きましたが、隠して・見つからなければセーフ
(いわば、臭いものにふた)といった、以前からのやり方で、事件を
片付けたようです。

非常に難しい判断が必要ですが、これからの世の中の流れで、
コンプライアンス、説明責任が重要になってきています。

この種の事件も、事件の詳細を早く調査し、事件の原因、今後の
防止策を確立して、公表し、使い込みをした職員も刑事告訴する
等 隠さない対応が迫られてきています。

商工会議所、役所、民間等 トップは常にこのことを頭に入れて
対応する必要があります。 


Posted at 2009年12月02日 21時04分09秒  /  コメント( 0 )

隠すべきか、公表すべ...

日本人の意識として、昔は 身内、社内の不祥事、恥は隠すのが
当然なものとしてきました。
(いわば、「臭いものにふた」です。)

しかし、コンプライアンス、説明責任が重視されてきて、段々
意識が変わってきています。

象徴的な事件が、9年ほど前(私の記憶ですので、多少 年月が
前後しています。)

一つは、雪印乳業事件、もう一つは 参天製薬です。

○雪印乳業事件
 工場の停電で、一時 工場が止まり、乳牛製品に影響が出たのに
 そのまま出荷し、大勢の食中毒患者が発生。
 会社は、ことの詳細を明らかにしないで、公表も後手後手まわり、
 製品の回収も遅れ、謝罪も遅れました。
 社長は、記者会見で追及されたのに対し、明確な回答をせず、挙句
 には、「私も、何日も寝ていない …」と、疲れきった表情で答え
 ていました。
 いかにも、サラリーマン社長 そのものの印象を受ける方でした。
 公表、製品の回収が送れ、その後は、皆さんもご存知のように牛肉の
 偽装問題もあって、雪印乳業は壊滅的な打撃を受けました。

一方、同じ時期に
○参天製薬
 目薬に異物が混入された(犯人による通告であったかと記憶して
 います。)とのことで、記者会見で公にしたのと同時に、全ての
 小売店から、商品を回収しました。
 参天製薬にとって、大変な損害であったかと思います。
 当時、日本では、そこまで徹底して公表する会社はありませんでした。
 この時、雪印乳業と正反対な対応で、参天製薬は、大いに信用が増した
 のです。

 私の感じるところでは、これを堺に、会社の不祥事は、隠せば、大い
 に信用を失い、逆にすばやい調査、対応で公にすれば、信用を失う
 ことも最小で済み、場合によっては逆に信用が増す 風潮になって
 きたように思います。
 
 ところで、旭川等 一般の中小企業、(役所も含めて)は、まだまだ
 この辺のことを 理解している方は 少ないようにも感じます。


Posted at 2009年12月02日 20時53分03秒  /  コメント( 0 )

今日の仕事

たまには、今日の仕事をご紹介します。

昨日は、ジョブ・カード、高年者雇用アドバイザーの月の活動報告等
で夜 1時まで仕事をして、今日 1日(火)の仕事です。
(6時間ほどしか寝ていません)

早朝、ジョブ・カードの件で、3つの企業の社長さんと、電話・メール
で相談に対応、加えて 札幌の 能力・開発機構の担当者の方と電話で
協議・確認。

その後、午前中ハローワークに行って、「地域再生中小企業創業助成金」
に関し、該当するか、また、計画書等 申請用紙の内容を確認する。
その後、同じくハローワークで、「高年齢雇用継続給付金」の申請し、
その後さらに別な、普段大変お世話になっている高年齢者雇用の担当者と
協議する。

午後一番、M(損保会社)の担当者と お客さんのところを訪問し、退職金
用の生命保険の説明する。 2回目の説明で、成約。
今週中、健康診断等 全て実施することになる。

その後、社会保険事務所に行き、夫婦の年金の手続き。
珍しくすいてはいたが、30分待たされる。
○夫が60歳になり、年金の請求(裁定請求)
○奥さんの年金の調査(納付記録の照会申出書 提出)


ジョブ・カードの問い合わせの件で、Faxによる回答

その後、労働時間等設定改善アドバイザーの活動報告書作成
(今日の夜、11時までに完了予定… 希望的観測か?)

他にもやらなければいけない仕事があるのですが、今日はこのへん
で(明日も忙しいので)

以上、何かと気ぜわしい毎日が続きます。

しかし、忙しいのがなによりで、毎日大いに充実した日々を送っています。


Posted at 2009年12月02日 20時26分00秒  /  コメント( 0 )