特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2009-08 の記事

社員が役員になった場...

Q 当社は、設立10年以内の会社です。
  この度、部長Aさんが、業績を認められて、取締役に就任します。
  当社の退職金は、社員は中退共に加入しています。 
  A部長が取締役に就任する場合、退職金はどのようになるでしょうか?
  私の会社で、社員から役員になるのは始めてのケースなので、まったく
  分かりません。
  教えて下さい。なお、役員の退職金に関しては、あいまいで決まった
  規程がない状態です。

A 中退共は、役員は加入できません。また、一般的には、役員になった
  時点で、社員としての退職金の支給をする扱いが一般的です。


  なぜなら、部長等の社員は「雇用契約」に基づいています。
  一方、役員は「委任契約」=株主からの委任 に基づいています。
  身分がまったく違うのです。
  ですから、役員になった時点で原則、雇用保険に加入できませんし、労災も
  適用になりません。
  ある意味で、不安定な身分になります。
  ですから役員に対しては、労災に変わるもの(保険等)を考える必要がありますし、
  退職金も、役員用の規程を考える必要があります。

  会社によっては、社長、専務、取締役 等 役職によって毎年一定額の退職金を
  計上する方法をとっているところも多いようです。
  但し、税法上は役員の退職金の上限が決まっていますので、それらを総合的に
  ふまえて、役員規程を制定してはいかがでしょうか。
  
  役員になることで、退職金、労災等 身分的にも待遇面でも不利益になるのでは、
  モチベーションが下がります。

  ホームページhttp://www.office-matsuda.info/

特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域) 
主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
不動産・預貯金の名義変更のお手伝いをします。
遺言書作成・遺族年金請求のお手伝いをします。
ご希望の会社設立のお手伝いをします。
資金計画・会計処理のお手伝いをします。
建設業等許可・経営審査、記帳会計
会社設立


Posted at 2009年08月23日 11時59分48秒  /  コメント( 0 )

身寄りのない方が死亡...

Q 私の姉妹が先月7月に亡くなりました。
  子供がなく、夫も先に亡くなっています。
  遺族年金で、厚生年金と共済年金をもらっていました。
  亡くなった姉妹は、旭川に住んでいて、私は本州です。
  あまり頻繁には、行き来していませんでした。
  どのような手続きをすればよいのでしょうか?

A 年金廃止の手続きが必要です。また、要件に該当すれば、未支給の請求
  手続きも必要です。

  年金は通常偶数月に支給され、8月の年金は、6月・7月の分が振り込まれます。
  7月に亡くなったとのこと、通常は8月に支給される年金は全額受け取れます。
  ところが、8月14日(15日が休みなので、その前日)前に亡くなった場合は、未支給
  の年金を請求できるのは、「生計を一にしていた者」のみです。
  亡くなった方が旭川に住んでいて、相続人が姉妹で、本州に住んでいるとのこと、
  また、あまりお付き合いがないとのことで、生計維持関係はないと思われます。

  結論から申し上げますと、年金廃止の手続きのみが、必要な手続きといえます。

  この手続きには、年金の受給をしていた方が亡くなったことを確認できる戸籍、
  請求者の戸籍の他に、亡くなった方と請求者の続柄が確認でいる戸籍も必要です。
  つまり、亡くなった方の戸籍の遡りが必要です。

  年金の廃止手続きですが、なかなか大変な手続きといえます。

  戸籍の遡り等、ご自分でこの「年金の廃止手続き」ができない場合は、当事務所
  にご相談下さい。
  年金、相続の両方に関して詳しい社会保険労務士・行政書士は、ごくごく少数な
  のが、現状ですので。


Posted at 2009年08月23日 11時28分51秒  /  コメント( 0 )

途中入社、途中退職の...

Q 途中入社、途中退職の給与の計算の仕方がよく分かりませんので
  教えて下さい。
  わが社は、週休2日制で年間の休日日数が105日です。
  給与は末締めで、支払は翌月10日です。
  今月、20日で辞めた社員がいます。月給制で月の基本給が15万
  円です。8月の出勤日数日数は13日でした。

A 日割計算の方法には、[馥による方法、当該月の所定労働日による方法、
  7酳振僂僚蠶袁働日による方法の三つの方法があります。

  以上の方法のうち、いずれの方法を採用するかは任意ですが、どの方法とする
  かについて就業規則に定めておくことが必要です。
  以前、労働基準監督署の調査が入った会社で、,領馥での計算方法では、労働者
  に不利になるので適切でないと指摘された会社もありました。
  その会社は、就業規則、給与規程が未整備であったのが指摘の原因であったかもしれ 
  ません。
  いずれの方法によるかは、会社の決めですが、の「月平均の所定労働日による方法」
  が無難かもしれません。
  実際仕事がら、私も給与、給与計算マニュアルの本を沢山持っているのですが、この
  中途入社、中途退職の給与計算に関することは書かれていません。
  日常、発生する可能性が高いのに、不思議な話です。

  さて、「月平均の所定労働日による方法」の説明をします。
  
  相談者の会社は、年の休日が105日とのこと。逆に出勤日数は260日です。
  これは、月の平均では、260日÷12ヶ月=21.66です。
  一日あたりの平均賃金では、15万円(辞めた方の基本給)÷21.66日
  =6925.21円
  この方の、8月の出勤日数が13日ですので、8月の給与は
  6925.21円×13日=90,028円となります。
  
  この他に、各種手当てがある場合は、また個別に検討する必要があります。
  いずれにしても、就業規則、給与規程を整備して、この種の給与計算に毎回
  悩まないですむようにしてください。

  ホームページhttp://www.office-matsuda.info/

特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域) 
主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
不動産・預貯金の名義変更のお手伝いをします。
遺言書作成・遺族年金請求のお手伝いをします。
ご希望の会社設立のお手伝いをします。
資金計画・会計処理のお手伝いをします。
建設業等許可・経営審査、記帳会計
会社設立


Posted at 2009年08月23日 10時58分10秒  /  コメント( 0 )

4つのアドバイザー活...

以前ご紹介したように、私は国の機関での任命により
下記、4つのアドバイザーを担当しています。

・ ジョブ・カード訓練コーディネーター
・ 高年齢者雇用アドバイザー
・ 地域力連携拠点 専門家
・ 労働時間設定改善アドバイザー


今月の入って、まさにフル稼働の状態です。

○ジョブ・カード訓練コーディネーター
 旭川商工会議所のPR、私の普段からの推進活動、半月前の私
 の講師による、会議所主催のセミナー 等で、問い合わせ、依頼
 が殺到しています。
 現在、6社がジョブ・カード=「有期実習型訓練」の申請を希望
 し、私がアドバイスしています。
 忙しいのですが、大いに結構なことで、全面的に企業の皆さんの
 お手伝いをしたいと思います。

○ 高年齢者雇用アドバイザー
 先週、ハローワークの方と8企業を訪問し、ヒアリング、アドバイス
 しました。
 今月中に、最低でも20企業を訪問しヒアリング、アドバイス を
 したいと思います。
 その中で、人事・労務管理の課題を見つけ、問題解決の提案ができれ
 ばと思います。

○地域力連携拠点 専門家
 引き続き、スポット的な人事・労務に関する相談に対応したいと思います。

○労働時間設定改善アドバイザー
 今月から、本格的に訪問を開始し、労働時間管理、仕事の密度アップ、 
 人事・労務管理に関するアドバイスを実施する予定です。

以上、今後も多忙な毎日が予想されますが、必要とされていることに
心から感謝し、誠心誠意 仕事に当りたいと思います。


Posted at 2009年08月11日 23時17分20秒  /  コメント( 0 )

成年後見制度の研修 受講

北海道行政書士会 主催の「成年後見制度」の研修を
先週7日(金)・8日(土)、札幌で泊まりがけで受講してきました。

終日の研修で、通算 4日間ありまます。
10月に、最終の研修、試験が予定されています。

内容の多くが、成年後見人の実際、役割の重さ、責任についてのお話
です。

今後、ますますの高齢化、認知症の方の増加で、成年後見制度の利用
が増加すると思われますので、十分 研究し 対応できるように準備
したいと思います。


Posted at 2009年08月11日 21時47分04秒  /  コメント( 0 )

通勤途上での労災…解雇...

Q 当社で約 半年前 アルバイト従業員が自転車通勤中、
  右側通行をし、対向車と正面衝突して大怪我をしました。
  その後、通勤による労災申請をして休業給付を受けていました。
  その間、当社も仕事上のシフトで困るので、違う人をアルバイ
  トを雇っています。
  一応、治ったとかで、労災も支給されなくなりましたが、当社
  では、そのアルバイト社員にしてもらう仕事はありません。
  本人から、「会社都合で仕事がないのだから、休業保証をして
  ほしい」との申し出がありました。
  本人は、まだ体が不自由で仕事ができる状態とは思えません。
  ちなみに、当社はアルバイトには、休職の制度はありません。
  できれば、辞めていただきたいのですが、可能でしょうか?

A 通勤による労災は、会社側に何も非がありませんので、辞めてもらう
  (解雇)ことが可能です。
  
  これが、仕事中の労災では、解雇するのは色々制約があります。
  (今回は、説明を省略させていただきます。)

  ご質問の会社では、アルバイトの休職制度はないとのこと
 …一般的に、どの会社も、アルバイトには休職制度はありませんが
  
 一応、一ヶ月前に解雇の予告をするか、即日解雇の場合は30日分の
 解雇予告手当てを支給する必要があります。


Posted at 2009年08月11日 21時22分27秒  /  コメント( 0 )

当事務所の経営戦略

私は、事務所の所長、会社の社長として、常に経営に関し
頭の中で、経営戦略を練っています。

何かの本で目にとまった中に、
「戦略とは戦いを省略して勝つこと」ということです。

特に、競合他社、事務所が あの会社・事務所を相手に競争
しても、負けるに決まっているから、戦うだけ無駄…
(最初から、戦意喪失の状態)という状況になることです。

この、理想的経営戦略を実現する方法はいくつかあると思われます。
○資本力、組織力が圧倒的に強い
○価格競争において、圧倒的な強みを持っている
 →しかし、これはダンピングにもつながり、業界全体の疲弊を招く
  おそれもあります。

さて、私が考え、実行し、現在 実現しつつある 経営戦略とは

※当事務所・会社の考え方、顧客ニーズへの対応、
 ソリューション(顧客の課題発見、問題解決能力)、圧倒的なコンサル
 内容等
 クオリティー(質)において、道北地方(旭川市、富良野市、深川市、
 滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
 で、圧倒的に優位に立つことです。

 他社・他事務所の 追随を許さない、顧客に頼りにされる会社、事務所
 を目指して、今後も日々精進したいと思います。

 但し、価格競争は原則するつもりはありません。
 報酬の安さだけで選ぶ方は、他に行っていただくことになるかも
 しれません。
 (薄利多売又は薄利少売がモットーのところもあるようなので…)

 ホームページ http://www.office-matsuda.info/

特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域) 
主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
不動産・預貯金の名義変更のお手伝いをします。
遺言書作成・遺族年金請求のお手伝いをします。
ご希望の会社設立のお手伝いをします。
資金計画・会計処理のお手伝いをします。
建設業等許可・経営審査、記帳会計
会社設立


Posted at 2009年08月11日 20時47分28秒  /  コメント( 0 )

本日 経審10件申請

本日11日(火) 午後一番 経審10件申請しました。

秘書(兼:事務員)1名が一緒に申請し、もう一人は何か
申請に関し、質問・問い合わせがある場合に備えて 事務所で
待機していました。

所要時間 約1時間(申請までの事務所作業は大変でしたが)
で完了。

1社のみ、税理士事務所で行った決算申告で細かい不備が
あり、補正扱いとなりましたが、ほぼ 無事完了。

今後も、建設業の決算報告、許可新規・更新、経審は 取り扱
い企業が増えるように 全力で推進したと思います。


Posted at 2009年08月11日 20時21分02秒  /  コメント( 0 )