特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2007-08 の記事

年金は面白い(しかし複...

旭川市・行政書士、社労士日記
奥さんの国民年金(正式には老齢基礎年金)の請求で、社会保険事務所に行く。期間、見込み額、必要種類等を調べて、念のために既に年金を受給中のご主人の年金も調べる。
そこで、ご主人が65歳以降、国民年金(正式には老齢基礎年金)を受給していないことが判明。
原因は、65歳の時に送られてくる「現況届け=ハガキ」を出していないことが判明。
現在、66歳と半年過ぎている。
はたして、「繰り下げ支給」を考えているのか、単に「現況届け=ハガキ」を出し忘れているのかを確認すると、単に出し忘れていたことが判明。
国民年金の繰り下げ支給は、昭和16年4月1日まえ生まれの人と、それ以降に生まれた人では違います。
この方は、昭和16年2月生まれなので有利な繰り下げ支給となります。
ここで、選択は以下の3つとなります。
1.65歳まで遡って支給請求する。(繰り下げを行わない)
2.66歳までの繰り下げ支給をする。(この場合、アップ率は12%) …しかし、この方のように旧制度の場合は、1年単位でアップ率が決まるので、誕生日うから半年もたっている状態では損。(現在の制度は、1月0.7%、1年間では8.4%の月単位のアップ率です。)
3.あと半年待って、来年2月の誕生日直後に繰り下げの請求をする。(この場合は、26%のアップ率)
但し、どれが徳かはなんとも言えません。繰り下げ支給で元を取るには、約76歳以上長生きする必要があるからです。人の寿命は誰にも分かりません。
ゆえに、どれを選択するかは、本人に決めてもらうしかありません。
年金は、本当に複雑です。(しかし、面白いです。)

※ホームページ参照 
左側のプロフィール欄の一番下のURL  http://www.office-matsuda.info/  
をクリックして下さい。

社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)


Posted at 2007年08月30日 22時08分01秒  /  コメント( 0 )

行政書士、社労士日記

今日は、午前中はスケジュールの確認、相続関係者への案内文を依頼者に確認、年金の請求で依頼者に確認をし、その後外出。
まず、相続財産である土地の売却のため、不動産会社訪問。場所、面積等で相場、売れる見込みを相談する。その場で、売却額、手数料等を依頼者に確認すると、その不動産会社に仲介を依頼することになった。(正式な仲介契約は、これから)
その後、ハローワークに行き、昨日保留になっていた離職票を受け取る。
それを持って、N社訪問。昨日作っておいた、社会保険、労働保険のマニュアルを説明する。
離職票、健康保険の任意継続の書類も渡す。離職者が65歳以上なので、高年齢求職者給付金(50日分)が一時金で支給されること、これをもらっても年金が減額されることがないことも説明する。
その後、建設業の許可更新の資料の確認で電話する。
また、軍人恩給の請求について管轄の総務省の担当者(東京)に電話で確認。
午後から、社会保険の変更の件で、S社訪問。
その後、金融機関の融資の担当者に取引先の借り入れの金額、利率の確認で訪問。
事務所に帰った後は、相続関係者への案内文を依頼者の一部訂正、B社の決算資料の作成をする。


※ホームページ参照 
左側のプロフィール欄の一番下のURL  http://www.office-matsuda.info/  
をクリックして下さい。

社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)


Posted at 2007年08月30日 21時42分18秒  /  コメント( 0 )

会社を元気にするには...

昨日は、札幌に研修の受講に行ってきました。
テーマは、「賃金の本質と人事革新」…歴史に学ぶ人の育て方、活かし方
講師は、この本の著者で「西村 聡氏」で大阪の方です。
全国4箇所(東京・大阪・札幌・福岡)でのセミナーでした。
札幌でのセミナー参加者は社会保険労務士の約15名でした(仙台から来た方もいました)。
旭川市からの受講者も少なく、全道からの受講者の少なさにも内心ほっとしていました。
北海道でこの種のコンサルができるのは、数人しかいないと確信できたからです。
まさに、目からうろこのセミナーで、後2年以内に行政書士・特定社会保険労務士で道北(旭川市・名寄市・士別市・富良野市、空知管内、留萌管内、宗谷管内)で圧倒的にNo.1を目指す当事務所には、大変参考になるセミナーでした。
日本の明治以降、今日までの人事制度、賃金制度の歴史・流れと、最近の欧米流の人事制度をすぐに真似する風潮の愚かさを分かりやすく説明していました。
人事制度・賃金制度の革新において、制度を考える前に、会社・社員が何を望んでいるか、会社の問題点、今後の方針・目標をしっかり把握することが重要であることを再度認識しました。
今後の、コンサルに活かせるものと思います。

※ホームページ参照 
左側のプロフィール欄の一番下のURL  http://www.office-matsuda.info/  
をクリックして下さい。

社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)


Posted at 2007年08月26日 12時02分52秒  /  コメント( 0 )

今日の仕事 行政書士...

今日は、午前中 T社の訪問。営業職が多いので、「事業場外みなし労働時間」を適用することと、労働時間管理、給与規程の見直し(各種手当て、管理職手当て、営業手当て、家族手等)を社長と協議。
午後は、相続及び年金の請求の関係で、不動産登記簿、戸籍等の収集、社会保険事務所に年金調査、賞与の支払い報告等で訪問。
S社の社長に、金融機関の借り入れ申し込みの結果を確認(OKでした)。
最後に(途中で)、西高の100周年で企業の寄付金をいただきに何件か訪問。
相続、年金請求の書類の整理、明日訪問予定のN社の資料準備。

※ホームページ参照 
左側のプロフィール欄の一番下のURL  http://www.office-matsuda.info/  
をクリックして下さい。

社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)


Posted at 2007年08月22日 23時43分57秒  /  コメント( 0 )

新制度での年金のもら...

今日は、遺族年金の手続きに社会保険事務所に行ってきました。 行政書士・社会保険労務士
そこで、「新制度での年金のもらい忘れ発見しました。
もともとは、ご主人の国民年金だけの手続きなので、遺族年金は付かないケースでした(死んだらお終いのケース)。
しかし、私は年金の専門家である、社会保険労務士ですから、念のために奥さんの年金の調査もしました。すると、なんと「新制度で年金のもらい忘れ発見」したのです。
奥さんの、厚生年金15か月のもらい忘れの発見です。
奥さんは82歳です。以前は、5年間だけ遡ってしかもらえなかったのが、60支給開始まで遡ってもらえるのです(約22年間)。
しかし、同じ期間国民年金もかけていたのが分かりました。この期間の国民年金の部分は国に返す必要があります。しかし、返す期間は5年間のみで、それ以前は時効で返す必要がありません。
結論は、厚生年金のもらい忘れでもらえる年金 約125万円 − 国民年金で返す分 10万円+ 国民年金の過払い還付分 = 約120万円が一時金でもらえることになりました。

※普通の方が、自分で手続きをすると多分この120万円はもらえなかったと思われます。社会保険の年金コーナーは普通の市民であふれていますが、「数万円の報酬で専門である社会保険労務士に依頼したほうが安心」と思われるケースでした。

※ホームページ参照 
左側のプロフィール欄の一番下のURL  http://www.office-matsuda.info/  
をクリックして下さい。

社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)


Posted at 2007年08月22日 23時26分19秒  /  コメント( 0 )

水谷 修 氏の講演を聞く

今日の夜、旭川において「夜回り先生」こと、水谷 修 氏の講演を聞きに行きました。
私は、今年の春までPTAの役員(旭川西高PTA会長、全道高校PTA連合会理事、同旭川支部長等)をしていたり、現在も旭川西高及び地元の神居中学校の評議委員をしている関係で、関心のある講演でした。
また、水谷先生のお話は、何回かテレビ(主にNHKかと思います。)で聞く機会がありましたので多いに関心がありました。
会場は満員で、現在の子供の状況、それに対する親、教師、大人がしなければならないこと等、大変すばらしい講演でした。
その場で、水谷先生の本を購入し、サインまでしていただきました。


Posted at 2007年08月22日 22時58分34秒  /  コメント( 0 )

名寄市と士別市(社会保...

20日(月)と21日(火)、泊りがけで名寄市・その周辺の町、士別市の企業の挨拶回りをする。
これからも、名寄市と士別市には定期的に訪問する予定です。
今までの知識と経験を活かし、名寄市と士別市の企業の発展に少しでもお役に立てるように、大いに努力しますので、よろしくお願いします。

※ホームページ参照 
左側のプロフィール欄の一番下のURL  http://www.office-matsuda.info/  
をクリックして下さい。

社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)


Posted at 2007年08月21日 21時19分30秒  /  コメント( 0 )

相続手続き

相続の手続きの依頼を受けている方から、年金の件、相続する家を壊す件で電話あり。
’金は、共済年金でご自分で手続きをしているとのことでしたが、よく分からないので困っている様子。共済年金も色々な種類がありますが、私は色々な共済年金を経験しているので、最後は私が手続きをしてあげることを約束する。
⊂匆陲鮗けた、家の解体業者の見積もりが出る。思ったより安い金額であり、依頼者も安心している様子。相談は、家の中の仏壇、神棚、電気製品、家具の処分について。
G金が今月15日に支給されたが、通帳に入金になったか(あるいは、金融機関で支払いをストップしたり、保険者が支給をストップしていないか)を確認する。本件の場合は、共済の方で支払いをストップしている様子。

いずれにしても、土地の相続で司法書士の方にお世話になるが、昨日の別な相続の件もあり、提携先の二つの司法書士事務所に依頼する予定。(比較のため)
私の司法書事務所を選ぶ基準は
_然福 聴造い曚Δお客さんの負担も軽くなる。
▲機璽咼后 朕得擇剖気┐討れたり、フットワークが軽い先
ギブアンドテイクで、何かあったら当事務所ににも仕事の紹介をしてくれるか …私の方針は、共存共栄、ウィン・ウィンの関係を築くことです。
だ騎里機 津然な話ですが、信用第一ですから。

※ホームページ参照 
左側のプロフィール欄の一番下のURL  http://www.office-matsuda.info/  
をクリックして下さい。

社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)


Posted at 2007年08月18日 22時15分58秒  /  コメント( 0 )

廃業を勧める

今日は、取引先の社長が来所。廃業を勧めていたのが、やっとその決心がついた先です。
廃業を勧めた理由は
,海蛙年毎年売り上げが減少していて、利益が出ない体質になってきていることと、売り上げを伸ばす方策がないこと。
¬魄報酬を毎年減少させてきたが、それも限界で、朝早くから夜遅くまで一日中働いていてもそれに見合う社長の報酬が出なくなってきている。
8綏兌圓いない。→子供がしっかりしていない。
い海里泙泙両態では、赤字が膨らんで辞めたくても辞められなくなる。
ズの時点で廃業すれば、仕入先、金融機関等に迷惑を掛けないで廃業できる。
社長ももう少しで、年金が支給される年代であり、今後の生活のめどがある程度立つ。
Ы抄醗の中で、権利のみ主張して何かと社長を困らせるのがいて、何かあるとすぐにハローワーク、労働基準監督署に相談に行く、今後もその従業員の悩みは続きそうだ。(社会保険労務士・行政書士として適切に会社の指導をしている私にとっても不愉快なことですが)

本音を言えば、お客さんが減るのはつらいところですが、私の信念はお客さんが幸せになること、お客さんのお役に立てる仕事をすることですから、必要な場合は、廃業を勧めることもあります。

※ホームページ参照 
左側のプロフィール欄の一番下のURL  http://www.office-matsuda.info/  
をクリックして下さい。

社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)


Posted at 2007年08月18日 21時52分54秒  /  コメント( 0 )

役員の退職金

ここ数ヶ月、取り組んできた取引先の「役員の退職金」がやっと一段落しそうです。
生命保険を活用し、死亡保険金も出ます。今週の月曜日(13日)に役員全員の健康診断があり、その場で申込書をいただく。
次の日の14日に、契約書の細かい点検、必要箇所の記入を完了し、後は健康診断の結果を待つだけの状態。役員退職慰労金規程の整備も近日中に完了予定。
これで、旭川市内の平均的サラリーマンの数倍の退職金を用意できると思われる。
将来きっと喜ばれると確信しています。
経営者は色々苦労も多く、事業に失敗した場合も大きな負担があるのであり、平均的サラリーマンの数倍の退職金はあって当然と思います。
今後も従業員の退職金問題はもちろん、役員の退職慰労金も積極的に取り組む方針です。

※ホームページ参照 
左側のプロフィール欄の一番下のURL  http://www.office-matsuda.info/  
をクリックして下さい。

社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)


Posted at 2007年08月15日 23時15分12秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ