特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

本来東京ですが またしても労働委員会ズームで研修

通常、労働委員会総会、連絡協議、研修等は東京か東北です。全国の委員と顔を合わせて話ができるのを楽しみにしています。ところが、ここ2年間、全て中止で、ズームでの開催です。 

昨日と今日、「令和3年度 公労使委員 個別労使紛争専門研修」がズームでありました。
昨日は、岩村中央労働委員会会長の挨拶の後 二つの講義がありました。いずれも大学の教授で、中央労働委員会の公益委員です。

講義 嶇働関係法令の改正等の動向」慶応大学法科大学院 両角(もろずみ)道代 教授
講義◆嶌枷塾磴瞭宛」明治大学法科大学院 野川 忍教授

お二人とも有名な教授で、分かりやすい貴重な講義です。約4時間半の講義、普通に有料のセミナーなら、3万円以上はすると思われます。大変参考になりました。

今日は、午前中10時から開催で、3県(宮城県、鳥取県、佐賀県)の事例紹介です。
各県、細かいところでそれぞれやり方が違い、参考になることが多いです。

その後、全国の委員とグループディスカッションがありました。私は労働関係の法律、判例が詳しいのはもちろんですが、普段、多くの会社の就業規則の見直し、人事・労務管理の多くの相談、労使紛争を扱っているので、全国の委員(大学教授、弁護士、労働組合の幹部)と議論しても負ける気がしないので、気がねなく発言します。

コロナ禍でで、ズームの会議、研修ばかりで、なんとも寂しく、残念です。

写真は、「個別労使紛争専門研修」のカリキュラムと、ズームでの研修、ディスカッションの様子です。





主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、
留萌市、紋別市、北見市及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)
会社設立(ご希望の会社設立のお手伝いをします)

Posted at 2021年12月07日 16時44分47秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*