特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

当社の決算申告完了 事務所の業務・会計記帳代行 経営分析業務

当社の決算申告完了 事務所の業務・会計記帳代行 経営分析業務

先日、当社の税務署に行って、決算申告をしてきました。本日早速、法人税等の納入も済ましました。(当社は、9月末決算なので)

当事務所は行政書士の業務の1つである会社の、企業の仕訳帳、総勘定元帳、損益計算書、貸借対照表等を作成等、会計記帳を行っています。

但し、積極的には行っていません。(最低限、どうしても頼まれた場合のみです=なぜなら、この分野に力点を置いていないので効率が悪いので)。税務申告は知り合いの税理士事務所にバトンタッチしています。

私は、サラリーマン時代(旭川信金)に商工会議所の簿記教室に通い日商簿記3級を取得し、その後独学で2級も取得しました。さらに、専門学校に通って日商簿記1級の勉強もしました。1年くらい通いました。教室終了後、何回か飲みにも行ったり、当時の方と会いたいものと思います。

簿記を勉強したのは金融機関の職員として融資業務等、取引会社の財務分析、経営上の相談に役立つと考えたからです。実は、金融マンは法学部、経済学部等の卒業・出身者が多く、出来上がった決算書の分析はできるが、簿記はよく分からいのが多いです。

当事務所は、簿記検定取得者も多く、会計の知識を持っている者も多く、事務所等の会計もじまいでしています。会計記帳代行もお手の物です。

私は、金融機関勤務が長く、融資も担当し、多くの決算書を見てきて、財務分析も行なってきたので、この分野の業務展開も考えていたのですが、なかなかご縁がない状態(業務依頼がない)で、最近は、人事・労務管理のコンサル業務に特化しています。

写真は、24日に行った旭川東税務署3階、法人税の部署です。


主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、
留萌市、紋別市、北見市及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)
会社設立(ご希望の会社設立のお手伝いをします)

Posted at 2021年11月26日 01時40分05秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*