特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

セミナー案内2回目 名寄新聞、北都新聞 …人が集まる・魅力ある会社にするには

セミナー案内2回目 名寄新聞、北都新聞 …人が集まる・魅力ある会社にするには

11月25日(木)のセミナー、名寄新聞、北都新聞共に2回目の案内が一面に大きく掲載されました。

担当者の方も大変熱心に各企業を訪問して、PRしているようで、参加者が順調に集まっているとの話です。

普段は名寄新聞はお付き合いが深く、北都新聞は少し浅い状態です。
北都新聞は、ネットによると

1978年創刊。名寄市風連町が本社。日刊発行で発行部数は公称6,450部。発行・記事エリア: 名寄市、士別市、剣淵町、和寒町、下川町、美深町、音威子府村、中川町。

また12日付で、名寄新聞が一面で大きく記事として、内容等含めて紹介して頂いています。名寄地区「通年雇用促進協議会」主催ですが、建設業だけでなく、全ての業種に参考になるお話をしようと思います。

主な内容は
1.働き方の改革の本質
 「魅力ある職場づくり」→「人材の確保」→「業績の向上」→「利益の増」→「処遇の改善」この好循環を創りことが、働き方の改革の本質
2.労働時間の把握、時間外労働の問題
3.「同一労働同一賃金」の考え方→正社員と非正規雇用労働者との不合理な待遇差の禁止とは?

4.パワハラ防止のポイント
5.最近の労使紛争のよくある実例と対策 …北海道労働委員会使用者委員としての経験から
6.高齢者雇用の活用が会社の業績を左右する …65歳超雇用推進プランナーとしての経験から
7.人手不足対策 …ハローワークの有効活用

8.結論 …一番伝えたいこと 
 一番重要なのは、経営者自身が「人事・労務管理」に関し、人手不足とか問題社員への対応等で悩まなくて済み、経営をしているのが楽しい状況を創ること。
経営しているのが辛いとか苦痛と言うのであれば、「何のために経営者をしているのか?」ということです。

写真は、名寄新聞、北都新聞の掲載 →掲載・色々工夫しています。また、12日付けの名寄新聞の記事です。当事務所の住等も含め、紹介して頂きました。

まだ数名余裕があるようです。関心のある方は、是非、ご参加ください。







主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、
留萌市、紋別市、北見市及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)
会社設立(ご希望の会社設立のお手伝いをします)

Posted at 2021年11月18日 21時27分32秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*