特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

21日(金)は、終日札幌

21日(金)は、終日札幌
朝7:55分の電車で札幌に向かう予定が、今、道路が渋滞で、8:30分の電車で札幌に行きました。地下鉄で大通まで行き、東西線の西11丁目で降りて、目の前が裁判所です。

今、とある法的解決を目指して準備中です。また、近くに国の第3庁舎があり、ここの「公正取引委員会」にも、申立で何回か通っています。

札幌地裁・高裁は、学生時代(北大法学部)何度も傍聴に行きました。当時は、自衛隊の憲法裁判である「長沼ナイキ事件」他、重要な裁判が多くありました。懐かしい場所です。

午後は、地下鉄東西線で琴似駅で降り、「ポリテクセンター」に行きました。ついてまず、ここの食堂で食事をしました。その後、「令和2年度第4回 高年齢者雇用アドバイザー等連絡調整会議」に出席しました。

議題の最初に、労働局の担当者から4月からは始まる高齢法改正の説明がありました。今月13日にも、厚生労働省の担当者が講師で、ズームによる研修がありました。私は創業支援措置の中で、「継続的業務委託契約」について質問しました。私の質問項目の内容は、まだ固まっていない様子です。

プランナー又はアドバイザーは全道で25名います。古い方は20年以上勤めています。私もいつも間にか12年目。古い方になってきました。
今回、いつもお世話になっている社会保険労務士・行政書士のA先生が退任されるとのこと。A先生の事務所は、スタッフを含めたら10人以上の大きな事務所です。就業規則の見直し他、いつも参考にさせていただいていて、尊敬する先生です。会議に出席しても、A先生がいなくなります。とても寂しいです。

帰りは、JR琴似駅から札幌駅に行き、4時半の電車の乗って、家に着いたのが6時半でした。
写真は、札幌の裁判所と高年齢者雇用アドバイザーの案内パンフレットです。






主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、
留萌市、紋別市、下川町、美深町、及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)
会社設立(ご希望の会社設立のお手伝いをします)

Posted at 2021年01月30日 22時19分13秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*