特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

同一労働同一賃金に関する最高裁判決

ここ1週間の内、4日間が札幌でした。
24日(火)は午後から、労働紛争に解決に向けた説得、その後は概ね2ヵ月に1回の判例研究会でした。この日の解説者も小樽商大教授の國武先生でした。

テーマは先月相次ぎ出された「同一労働同一賃金」に関する最高裁判例についてです。
私は「働き方改革推進支援専門家」ですので、重要な判例です。但し、判例を読み込むのは、なかなか集中力と根気が必要です。

概要は
<10月13日>
・大阪医科薬科大学事件
 元アルバイト職員が賞与などの支払いを求めた訴訟
 →「不合理な待遇格差」には当たらないとして棄却

・メトロコマース事件
 東京メトロの契約社員が、正社員と契約社員の賃金格差がありすぎるとして、正社員の25%の退職金相当額支払を求めた訴訟
 → 退職金がないことは不合理ではないと棄却

<10月15日>
日本郵便事件(東京・大阪・福岡(佐賀))
 各地の郵便局で配達や集荷を行う契約社員らが、正社員と同じ業務をしているのに手当や休暇の待遇に格差があるのは不当だと日本郵便を訴えた裁判
 → 日本郵便の手当や休暇のうち、
 ・扶養手当 ・病気休暇(有給)
 ・年末年始勤務手当 ・年始祝日給
 ・お盆と年末年始の休暇
 について不合理な格差と認めました。

写真は札幌駅で食べた、風月の「デラックス海鮮焼きそば」と、最高裁判例を扱った社会保険労務士の業界誌です。






主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、上富良野町、深川市
滝川市、砂川市、岩見沢市、赤平市、芦別市、留萌市、紋別市、東川町、下川町、
美深町、及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)
会社設立(ご希望の会社設立のお手伝いをします)

Posted at 2020年12月01日 21時48分24秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*