特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

特定社会保険労務士

特定社会保険労務士
特定社会保険労務士の制度が始まったのは今から13年前です。個別労働関係の紛争を扱える制度として、社会保険労務士が指定の研修を受け、試験に合格した場合に付与されます。

私は13年前に第一号として合格し、資格を付与されました。北海道の場合は、札幌で約10日間、終日研修がありました。30分遅刻したら、その時点で失格です。
研修は色々な課題があり、法人専門の弁護士からの講義、労働者専門の弁護士の講義もありました。

最終的に試験があります。試験には「整理解雇」等の労働紛争の事例を基に、法律論、判例等を駆使して、自分の意見、紛争解決を論述します。300字以内で回答する設問が複数出ます。
しかも、ボールペンでの記述です。シャープペンシルのように消しゴムで消して訂正することはできません。相当にハードな試験です。

よって、特定社会保険労務士は労働関係の問題、紛争に対応できる資格と言えます。
私は労働委員会の使用者委員ですが、全国の労働委員会では公益委員として任命されるケースも増加しています。従来公益委員は、法学部の教授、弁護士がおもでしたが。

私も、良い見本となれるよう、大いに精進したいと思います。
写真は、電車の中で読もうと思って持参した本の一部です。例によって、本を多く持ちすぎました。「ビジネスガイド9月号」、ハウツーものとして「仕事ができて、なぜか運もいい人の習慣」「1回きりのお客さ様がリピート客に変わる!お客を呼ぶ!スゴい仕掛け」です。





主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、上富良野町、深川市
滝川市、砂川市、岩見沢市、赤平市、芦別市、留萌市、紋別市、東川町、下川町、
美深町、及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)
会社設立(ご希望の会社設立のお手伝いをします)

Posted at 2020年09月15日 13時25分55秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*