特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

銀行店舗が次々閉鎖

先日、用事があって「北陸銀行」に行くことになりました。国道40線通りの北星地区に支店があったと思い電話すると、なんと旭川には市内3条9丁目の1店舗しかないとのこと。昔、中心部に2店、北星地区と永山地区の計4店舗があったと記憶しています。木材関係の会社が特に取引先が多かったと思います。旭川支店に行ったのですが、旭川に1店舗しかないのに、全然混んでいませんでした。

旭川は、金融機関の店舗が大幅に減少していると思います。
例えば、旭川商工信組が破綻し、多くの店舗がなくなりました。例えば、私の自宅から歩いてでも行けた神居支店がなくなり、市内3条2丁目角の店舗もなくなりました(今もビルの一角で閉鎖のままです)。今でも困っている事業主がいると思います。

札幌銀行がなくなり北洋銀行に吸収されました(昔、北海道相互銀行と言うのもありました)。拓銀も破綻し、北洋銀行に吸収されました。

名寄信金と士別信金が合併し何店舗か閉鎖、富良野信金が旭川信金に吸収され何店舗かなくなったと思います。紋別信金が北見信金に吸収され、何店舗かなくなったと思います。他にもなくなった店舗があるかと思います。

旭川の人口、経済がどんどん萎(しぼ)んでいるのも原因です。
今、金融機関の役割がよく分からなくなってきていて、存在意義が少し弱くなっているような気がします。

テレビで銀行の宣伝と言えば、カードローンのPRです(有名タレントを使ったコマーシャルです)。金利が10%とか15%とかで、今時(いまどき)そのような高金利で借り入れは、問題があると思うのですが。
実質、昔のサラ金と同じです。銀行は保証付きで融資が出来てリスクがなく、大事な収益源なのでしょうが、この問題のあるカードローンが最大のアピールポイントだとしたら、寂しい限りです。(これが銀行のアピールポイントだとしたら、就職を希望する学生はいません。)

他に、「投資信託」も扱っていますが、高齢者に元本割れの商品を勧めるのはいかがなものか思います。また最近、金融機関が力を入れているのがフィービジネス(手数料収入)で、例えば損保等です。販売した後、実際に事故等があった場合に、はたして確実にフォローできるのでしょうか?

これらの一番の原因は、ゼロ金利(マイナス金利か)で、金融機関の収益性が大幅に減少していることです。ネット、コンビニできることも増えました。

金融機関の置かれている環境、経営は非常に難しくなっています。メガバンクも大幅な人員削減、店舗の閉鎖を計画しています。(メガバンク経営陣の皆さん、もっと知恵を絞った何か根本的な対策はないんですか?)
是非、金融機関が知恵と努力で今後も、今後も世の中になくてはならないものとして発展してほしいと願います。
写真は、旭川で唯一の「北陸銀行旭川支店」です。


主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、上富良野町、
中富良野町、深川市、滝川市、砂川市、岩見沢市、赤平市、芦別市、
奈井江町、留萌市、紋別市、東川町、東神楽町、和寒町、剣淵町、下川町、
美深町、及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)

Posted at 2020年07月25日 15時25分21秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*