特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

社長の一番の仕事は、社員を育て、教育すること

社長の一番の仕事は、社員を育て、教育すること
社長と、社員の教育、人事考課について面談していると
・当社の社員は挨拶がなっていない、・仕事について報告がない、・資料の整理整頓がなっていない  等の話しが出ます。

その後、「そんな基本的なことは、親か先生が教えるべきことだ。けしからん」と言う話を延々とします。私が、「もう雇ってしまったのですから、今さら仕方ないですよね。結局、最後は社長か管理職が責任をもって育て、教育するしかないですよね。そんなに社員が気に入らないのなら首にしますか?」というと、社長も返答に困ります。

社員も起きている時間のかなりの時間を会社で過ごします。経営者とか先輩、上司に認められ、充実感を持って働いた方が幸せかと思います。
社員がやりがいを持って仕事に打ち込めるように、本気で取り組むのが社長の仕事です。社長は言い訳は通用しません。本気で、全身全霊で「社員を育て、教育」しましょう。
そのためのお手伝いをします。

人事考課として例えば7つの項目があります。その内の二つの例です。
◎働く意識と取組(自らの職業意識・勤労観を持ち職務に取り組む能力)
(1)法令や職場のルール、慣行などを遵守している。
(2)出勤時間、約束時間などの定刻前に到着している。
(3)仕事に対する自身の目的意識や思いを持って、取り組んでいる。
(4)お客様に納得・満足していただけるよう仕事に取り組んでいる。

◎コミュニケーション(適切な自己表現・双方向の意思疎通を図る能力)
(1)上司などの上位者に対し、正確にホウレンソウ(報告・連絡・相談)をしている。 (2)相手の心情に配慮し、適切な態度や言葉遣い、姿勢で依頼や折衝をしている。 (3)職場の同僚等と本音で話し合える人間関係を構築している。
(4)苦手な上司や同僚とも、仕事上支障がないよう、必要な関係を保っている。

人事考課



事務所の案内


主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、上富良野町、
中富良野町、深川市、滝川市、砂川市、岩見沢市、赤平市、芦別市、
奈井江町、留萌市、紋別市、東川町、東神楽町、和寒町、剣淵町、下川町、
美深町、及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定

Posted at 2020年07月02日 16時55分49秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*