特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

西高の改革

私には子供が4人いますが、内3人が高校は旭川西高です。なぜか分かりませんが、末っ子の時に2年間PTAの会長をさせていただきました。この時、当番で全道の高校PTA連合の役員にもなり、定期的に札幌にも行きました。
PTA会長でなくなった後も長く、評議員もさせていただきました。
自分の母校でもあり、少しでも良い高校にしようと自分なりに努力しました。部活で全国大会に行くクラブがあった時などは、PTA会費で全く足りず、かといって学校は、われ関せずの状況。西高同窓会のところに寄付をお願いしに沢山のところに行って寄付を集め等もしました。
課題として、西高は入学する時の成績は全道でも上位なのですが、だんだん成績が落ちる傾向にありました。のびきったゴムのようにたるんだ校風、雰囲気でした。生徒が悪いのか、先生・学校か、親が悪いのか? 
私は学校に対し強く要請し、長期にわたって問題のある先生は西高から追い出したこともあります。
学校は方針として生徒の教育方針は「人格形成を第一と考えている」とのこと。では、具体的にその方針実現のため、学校は、先生は何をどのように努力するのか、目標に対してどの程度達成できたのかの測定はあるのか?その結果を受けての改善、対策は?
それがなければ、「人格形成を第一と考えている」との方針は、怠ける口実でしかありません。これは私の専門の人事考課・人生制度の分野でもあります。
PTA役員のお母さんの中には高校生活で期待するのは、「友達を沢山作って、楽しい学校生活を送ってほしい」と言う方もいました。私もその通りだとは思いますが、西高にそれだけを期待するのはいかがなものか? と思っていました。
学校に「楽しい」だけを望むのであれば、是非、他の高校に行って下さい…と思いました。
私の後、何人もPTA会長がいると思います。旭川のある有名企業の役員の方もいました。しかし、西高のため、どの程度考え、学校をよくするため努力したのか?
PTA役員、評議員は名誉職でも飾りでもありません。是非、真剣にやっていただきたいと思います。
PTA会長は子供が在校しているのが前提で、せいぜい2年間くらいの任期。私はできれば10年、20年いて、本気で良い高校にしたかったと、今でも思います。

Posted at 2020年01月09日 10時12分00秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*