特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

真宗の法語カレンダー、法語カレンダー随想集を先着順で

真宗の法語カレンダー、法語カレンダー随想集を先着順で
毎年年末になると、「真宗大谷派出版部」に申し込んで、真宗の法語カレンダー、法語カレンダー随想集、他、真宗の基本書を多数買います。
それを子供達に配ります。子供達は、「ありがた迷惑」そうに受け取ります。親としては、「是非幸せになってほしい、良い人生を歩んでほしい」との強い思いがこもっています。
我が家のルーツは、今の広島県・大竹市です。ひいおじいさんが屯田兵として当麻町に入植して120年以上経ちますが、私は縁あって何回も広島に行っています。
7年近く前、末っ子の卒業式で広島に行き、親戚回りをし、また菩提樹の顕徳寺(けんとくじ)にも行って、お寺の中に入ってお参りし、住職の話しも聞きました。このお寺は、幕末の歴史の舞台の一つにもなった由緒あるお寺です。

我が家の先祖は、広島なので本来はお西なのですが、明治期にあることがあってお東になったようです。

普段から知りたいのは、歎異抄第一条「弥陀の誓願不思議に助けられまいらせて」の教えです。「弥陀の誓願」とはどのようなことなのか?、「不思議に」とはどのようなことなのか?「助けられまいらせて」とはどのようなことなのか?
どうしても知りたいのですが。

これを見た方で、取に来られる方は、先着順に「真宗の法語カレンダー、法語カレンダー随想集」を差し上げます。

写真は今回買った、真宗の法語カレンダー、法語カレンダー随想集、「真宗子ども手帳」「「平野 修 著・生きるということ」です。



Posted at 2019年12月31日 16時38分52秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*