特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

今週は、6日間 出張

今週は、6日間 出張

丸2日間は千葉県・幕張、他は前泊含めて4日間 札幌 それは早朝2日、
労働委員会で期日(労使紛争:専門用語で事件と言います。…の期日)
私は、全道で7人いる、使用者委員の一人です。昨日は、札幌駅前のアパホテ
ルに泊まりました。 …時期によって札幌のホテルは非常に高いか、予約がとれ
ない等 何かと大変です。

期日(労使紛争は全道対象ですが、札幌が多く、他に地方:帯広市、釧路市等
もあります。しかし、札幌に次いで多いのは旭川市です。)
写真は、アパホテル、労使紛争の資料です。(持ち運び、手が抜けるのではない
かと思うほど重いかったです。)

思うのは、労働者側はネット等でふんだんに情報があふれていることです。
まさに年々、パワーアップしています。
・このようにしたら、残業代が2年分○○○万円払ってもらった
・解雇無効にして、解決金を○○○万円もらった
・セクハラ、パワハラはこう対処して解決、お金をもらおう
・○○に駆け込んだが、うまく解決した 

一方、経営者は、情報の共有、蓄積、レベルアップがありません
以下のようなことがネットにあがることはありません。
・うちの○○会社は社員にこのように訴えられて、このように解決した
・うちの○○事務所は、職員にこのように訴えられたの対しこのように
 対処した
まさにほとんどが、NHK「「チコちゃんに叱られる」ではありませんが
「ボーっと生きてん(=経営してん)じゃねーよ! の状況です。
多くの経営者は労働関係の法律、判例、諸問題に対し、あまり知らないといった
状態です。
 逆に、経営者同士の人事・労務管理上の話しも、あてにならない話が多いです。
(例えば、30日分給与を払えば、簡単に従業員を解雇できる…と言った話です。
私には腰が抜けるほど驚く…お粗末な、おバカな話です。)

最後に一番重要なことは、私ども「労働委員会」からあっせん等の話しが
来ましたら、是非、逃げずに参加して下さい。
裁判等の方法より、早く、納得のいく解決になるケースが多いと思います。
全面的に、よりよい解決に向けて努力します。
また、労使紛争の当事者の住んでいるところに出向いて、解決を図ります。

アパホテル 札幌駅前


手が抜けそうなくらい分厚い事件資料

Posted at 2019年09月12日 19時43分25秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*