特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

不当労働行為

不当労働行為

労働委員会は戦後まもなく発足し、制度が始まって70年経ちます。

不当労働行為の事件があります。
次にの3点が不当労働行為に該当します。
○労働組合法第7条第1項 …労働組合を結成した、または労働組合に加入した事
 をもって嫌がらせを行なう事
○第2項 労働者の代表者と団体交渉をすることを正当な理由がなくて拒むこと
○第3項 労働組合活動について支配介入する事

不当労働行為について、救済の申立があった場合
調査 審問 陳述・証人尋問を経て違反が確定すると命令が出されます。

この労働組合、「私の会社には組合がないので関係ありません」と考えている経営
者がいますが、社員が1名の会社でも、いつでも社外の合同労組(ユニオン)に加入
できます。
つまり、労働組合のない会社の方が労使紛争のリスクが高いと言えます。
経営者の方は、十分関心をもって経営にあたっていただきたいと思います。


松田 隆 特定社会保険労務士・行政書士事務所
主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、上富良野町、
中富良野町、深川市、滝川市、砂川市、岩見沢市、赤平市、芦別市、
奈井江町、留萌市、紋別市、東川町、東神楽町、和寒町、剣淵町、下川町、
美深町、及びその周辺地域) 

Posted at 2017年11月12日 16時22分27秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*