特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

メンタルヘルス対策の充実・強化 労働安全衛生法改正

 先週旭川で、ある損害保険会社主催の「ストレスチェック」に関するセミナーがありま
 した。

 2015年12月施行予定の改正案におけるメンタルヘルス対策強化の大きなポイントは以
 下の2 点です。

 従業員50人以上の事業場に対して、年1回の医師又は保健師等による労働者の心理的な
 負担の程度を把握するための検査を行うことを事業者に義務づけます。

  ストレスチェックの結果を労働者に通知し、労働者が希望した場合、医師による面接指
 導を実施し、結果を保存する

  一般健康診断と異なり、プライバシー保護の観点より、検査結果は医師または保健師か
 ら労働者に直接通知され、労働者の同意を得ずに検査結果を事業者に提供することはで
 きません。
 (一般健康診断では、健康診断結果は事業者に通知されます)

  検査結果を通知された労働者が面接指導を申し出たときは、事業者は医師による面接
  指導を実施しなければなりません。
  なお、面接指導の申出をしたことを理由に労働者に不利益な取扱をすることはできま
  せん。

  事業者は、面接指導の結果、医師の意見を聴き、必要な場合には、作業の転換、労働
  時間の短縮など、適切な就業上の措置をしなければなりません。

まだ施行は1年先の話であり詳細は不明ですが、今後当事務所は情報を収集し、
従業員の健康管理も合わせて、ご支援します。

Posted at 2014年11月12日 09時21分24秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*