特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

居酒屋の深夜割り増し 未払い問題

最近の道新 9月30日 付けの記事から

ある居酒屋でかつて2年間アルバイトをしていた大学生が、
「22時過ぎまで働いていたこともあるのに、
深夜の割増賃金をもらっていない!もらえるはず!」
と、労働基準監督署に行ったようです。

辞めたはずの大学生アルバイトさん1人のアクションで、
この居酒屋をやっている会社は、
労基署の是正勧告を受けて
正社員、契約社員、アルバイトの過去2年間分の時間外割増賃金、
深夜割増賃金、総額2500万円を支払うことになったそうです。

もらい方として以下の2しゃ選択とのこと
・もらう場合は会社に取りに行く。
・権利を放棄する。

このような方法が労基署の見解で大丈夫なのか? 疑問は残ります。

この記事の感想 この会社の社長はまじめにやっている方だと思い
ます。
もっと、労働基準法を無視した経営者が沢山いると思います。
例えば、休憩をそうとう いい加減にうんようしている社長。
(お客さんが切れて、暇になったら休憩扱いにする)

労基署は、そのようにもっと悪質な居酒屋、飲食店から指導したら
いいと思うのですが。
 

Posted at 2014年11月01日 16時22分41秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*