特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

カンブリア宮殿から 人を大事にする企業とそうでない企業

毎週木曜夜10時からのカンブリア宮殿は、私の仕事の
「人事・労務管理」を考える上で大変参考になり、毎回
見ています。

先週25日(木)夜10時からのカンブリア宮殿は食堂日
高屋の神田社長の話でした。

首都圏を中心に約320店舗、駅前によく見かけるラーメン店。
ハイデイ日高が運営する「熱烈中華食堂日高屋」だ。
「中華そば」は390円、「餃子」は210円等、店には老若男女を
問わず、お客さんで賑わっている。
外食不況が続く中、11期連続増収増益を達成した日高屋。
このラーメンチェーンを一代で築き上げたのが神田正・73歳だ。
わずか5坪のラーメン店から始めて40年。一大チェーンにまで
成長させた神田の波乱万丈の人生に迫る内容でした。

繰り返し出てきた神田社長の言葉は、「人財が全て」・社員を
大事にすることです。
大変素晴らしい経営に感動しました。

一方、社員を大事にしない企業、ブラック企業について最近話題
にあがっているのが

すき家で、「ワンオペ」即時廃止しを求める労働争議が起きています。
大手牛丼チェーン店のすき家のシフト表がネット上に流出。
流出したシフト表によると、22時〜翌朝9時の間はお店に居る従業員の
数が常に1人状態になっているとのことです。しかも、シフトの大半が
「空白」となっており、従業員の数が日常的に不足していることも読み
取る事が出来るよで、最近のすき家では、「人手不足」という理由で急
遽閉店する店舗が増加していることから、「すき家は従業員が続々と辞
めている」とか、「従業員が反乱状態になっているのでは?」というよ
うな噂が流れているとか。

その他、ネット上では、「株式会社 ヤマダ電機」もブラック企業にあ
がっているようです。
ヤマダ電機では、過酷なノルマや長時間労働が指摘されているようです。

ブラック企業として2012年は東京電力、2013年にはワタミフード
サービスが有名でした。

Posted at 2014年09月30日 08時50分54秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*