特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

決算報告書の作成  →税理士はできません

 建設業許可を取得をなんとか終了しましたが、会社の事業年度
  が終了してから、決算の報告をする必要があると言われたので
  すが。

 許可を受けた建設業者は、毎事業年度終了後4箇月以内に工事
  経歴書、財務諸表等を「決算変更届」として提出しなければな
  りません。                   

  期日が来ていて、届出をしていない場合には、建設業許可の更新
  手続きなどをすることができなくなってしまいますので注意が
  必要になります。

  決算報告でも非常に多くの書類を準備する必要があります。
  しかも、建設業の決算書などは、税理士が税務署に提出するため
  に作成した決算書は使用することができません。
  そもそも、道庁に提出する決算報告は、税理士はできません。
 
  建設業の決算書は、建設業用の決算書に変更して作り直さなけれ
  ばいけません。
  そのため、専門の知識が必要になります。

  この専門の知識はもちろんあったほうがよいですが、勉強する手間、
  理解しても結局は膨大な書類を作成しなくてはいけないことなどを
  考えますと建設業のプロであります行政書士=当事務所にご依頼いた
  だくこと がベストな選択かと存じます。

Posted at 2014年01月28日 20時13分04秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*