特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

パワハラ問題に関し質問 たとえばですが....

Q たとえばですが....
先生の顧問先企業の社員がパワハラ被害を訴えてきた場合は
どうなるのでしょうか?

先生ならば労働者が納得する解決金を会社に払わせる事も
パワハラ被害を訴えてきた社員を合法的に解雇する方法も
御存じだと思うのですが。
Posted by 労働者のギモン at 2013/08/09 19:07:48

 返事が遅くなって申し訳ありません
 どのようにお答えするのか難しいご質問です。
 パワハラに関する相談は、企業側、労働者側双方から受けます。
 そこでまず初めに取組むのは、事実関係の確認です。
 
 はたしてパワハラはあるのか、あったとしたらどのような内容
 で、程度、頻度はどのようであったかを調べます。

 労災の案件なら、要件(業務遂行性、業務起因性)に合致している
 か、パワハラと傷害の相当因果関係はあるか?、予見可能性の可
 否は?
 
 多方面から調べ、検討して方向を決めます。

 最終的には、双方納得できる解決策を提案できるように全力を尽く
 します。

 但し、最初から聞く耳を持たない、義務を果たさず権利だけを主張
 する者に対しては、全力で戦うこともあります。

Posted at 2013年08月13日 21時43分28秒

 
この記事へのコメント

未タイトル

現実的には、弱い立場にいる使用人は職場を辞める覚悟が無ければ泣き寝入りするのが
一番いい方法なんでしょうかねぇ〜?
Posted by 労働者のギモン at 2013/08/17 08:11:09

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*