特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

行政書士といえば 松田 隆 遺言・相続編

主営業範囲(旭川市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、
砂川市、留萌市、及びその周辺地域)で、行政書士といえば 松田 隆
事務所と言っていただけるよう、日々精進しています。

今回、遺言の依頼を受けていた件、=遺言と言えば、当然、公正証書遺言
をいいます。

当初の依頼者の話で、遺言の内容を本人と、公証人とで協議していたので
すが、不動産の一部が7年前に亡くなったご主人の名義のままであること
が判明しました。

しかも、その土地の上に 子供の一人が家を新築して住んでいます。

よって、最終的に亡き夫の相続手続きで漏れていた、土地の相続を別口
で行い、あくまでも依頼者の財産のみの遺言をすることにしました。

行政書士としての業務を全て完了し、不動産の名義変更はお世話になって
いる司法書士に依頼しました。

相続、遺言 全て完了し 依頼者は大変喜んで頂きました。

本件、紹介していただいた金融機関の方にも喜んで頂きました。

Posted at 2012年12月11日 21時47分03秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*