特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

社会保険労務士・行政書士 といえば松田隆 事務所 就業規則編

Q 社員が10日ほど前から、体調が悪いとかで休んでいます。
 病名とか、現在の状況を聞いても、はっきり答えず、病院にも
 行っていないようです。どうしたら、良いでしょうか?


A 就業規則ではどうなっていますか?
 通常は、例えば「私傷病の場合、例えば3日以上休む場合は、病院
 に行って、会社に診断書を提出する。」ことになっている場合が多いの
 ですが。

Q 就業規則が、15年ほど前のもので、その辺のことが何も規程さ
  れていません。

A 就業規則の制定、見直しは、普段は必要性が感じられないのです
  が、ひと度何か問題が起これば、必ず参照し、対処のしかたの根
  拠になります。
  規定がない場合、多くは会社に不利益な結論になります。


  最近、精神的な病におちいる社員が出てきていますが、そのような
  社員の中には、「自分は正常だ、だから病気ではなく、病院に行く
  必要もない」と考えるのもいます。
  …精神的な病の一つの典型例です。

  会社としては、無給にするしかないのでしょうが、病院に行かない
  のでは、「傷病手当金」の申請もできません。
  会社にとっても、社員本人にとっても非常に困ることになります。


  主営業範囲(旭川市、名寄市、士別市、富良野、深川市、滝川市、砂川市、
       留萌市、及びその周辺地域)において 
 
  このような問題も含めて、社会保険労務士・行政書士と言えば、まずは
  松田 隆 事務所を思い出していただきたいと思います。

  試しに、旭川市、名寄市、士別市、富良野、深川市、滝川市、砂川市、
  留萌市、及びその周辺地域において
  ホームページで、メンタルヘルスのページがある、社会保険労務士・行
  政書士が、私の他にいるでしょうか? 
 

Posted at 2012年09月23日 21時27分41秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*