特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

資格別 年収 別な統計

資格別 年収の 別な統計です。
インターネットからの引用

これも、統計のサンプリング等で 誤差がありますし、
平均値なので 各人の年収は 違ってきます。

あくまで 参考までに。

☆年収の高い資格ランキング☆
*ランキング情報はYahoo!JapanのYahoo!学習参照 
(もちろん年収は保障されている訳では有りません)
今回のランキングは、厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」
を元に集計したもので、独立して開業している方のデータが含まれない為、
司法書士や行政書士は含まれていません


1位 【社会保険労務士】 平均年収 約855万円
 1位は以外ですが社会保険労務士でした。人事・労務のスペシャリスト
として大企業の人事部門を担当することも多く、それが高収入に繋がってい
るようです。

2位 【弁護士】 平均年収 約801万円
 高収入No1といえば、弁護しか医者をイメージしがちですが、全ての弁護士が必
ず高収入というワケではありません。高収入に繋がらない案件を専門としている
弁護士の方も多く、資格の活かし方は人それぞれというところではないでしょうか?!

3位 【公認会計士】 平均年収 約791万円
 公認会計士は資格取得後に会計事務所や監査法人での勤務がメインとなりますが、
ここ数年公認会計士の採用がだぶ付いてきているようです。

3位 【税理士】 平均年収 約791万円
 3位も同率で税理士となりましたが、税理士は独立又は企業内で経理を担当すると
いう幅広い選択肢を持つことができます。資格と言えるでしょう。

5位 【不動産鑑定士】 平均年収 約716万円
 不動産鑑定士は、他の上位の資格に比べて受験者数も少なく、合格率も低いので
合格者数は少ないんですが、地下の調査などを国や都道府県から依頼される公的業務
があるため取得すれば安定感は抜群の資格となっています。

以上 Copyright 2008-2011 資格王 稼げる人気の資格 All rights reserved.
からの引用でした。

社会保険労務士の活躍の場が 広がってきているのは、間違い
ないようです。

しかし、年収を伸ばしている社会保険労務士は、相談・コンサル
業務を開拓し、日々 努力している方が 中心かと思います。

Posted at 2011年08月24日 11時11分55秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*