特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

建設国保から社会保険への切替

建設国保の件は、今月で3件目です。

さて、相談を受けている中で ある会社が、社会保険
に加入することを決定し、当事務所へ 手続きの依頼を
し、 本日 年金事務所へ 手続きに行ってきました。

当然ですが、建設国保からの切替であることを、正直に
言う必要があります。

依頼してきた会社も、健康保険、年金の切替を 悩みぬ
いて、社会保険に切替ることにしたのです。
(本音を言えば、やむを得ず 社会保険に切替えたのです。)

一つには、病院に定期的の通院している方がいて、健康保険
の加入がすぐに必要であった ことです。

さて、年金事務所では 通常の社会保険新規適用の手続き
の他に

1.2年前に遡った手続きになります。
2.故に、出勤簿、賃金台帳も 対象者全員、2年分必要と
  なります。(役員は、出勤簿が不要なこともあるでしょう)
3.役員については、2年間で役員報酬に変更がある場合、
 議事録(株主総会、取締役会等)が必要になってきます。
4.建設国保から来た、案内、資料は全て 提出して、点検を
 受ける必要があります。

 担当者もまだあまり、建設国保からの切替を受けていないよ
 うで、大変な様子です。

 他、詳細は 書ききれませんので ここまでにしておき
 ます。

Posted at 2010年11月25日 18時50分52秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*