特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

見切り千両

株の世界の格言で

見切り千両
というのがあります。

「これは、持っていても 値下がりが続きそうで、損失拡大が予想され
る場合等に 思い切って処分することが 非常に大事だ」という意味です。

普段の仕事でも、
1.相性が悪く、いくら誠心誠意つくしても満足しない、不満ばかり言う 
 経営者。
2.コンプライアンス意識がなく、いくら指導・助言しても、「そんな必要
 はない」「ばれなければ問題ない」等 改善する気がない経営者
 …社会保険労務士・行政書士が顧問先にご指導しても改善されず、何か
  その会社で問題が起きた場合(例;労働基準監督署の是正勧告、賃金
  不払い等での逮捕 他) 
  その会社の顧問先の社会保険労務士・行政書士も責任を追及されたり、
  評判に悪影響があり得る。 
3.上記との関連で、助成金申請等 いくら努力しても 助成金に該当する
  のが困難な例
 
 等があります。
 毎月の報酬は魅力ですが、上記にようなケースにお付き合いするのは
 非常にストレスが溜まりますし、コンプライアンスに反することは、
 断じてできません。

 このような場合は、まさに「見切り千両」で取引を解消するのが一番と
 なります。
 
 
 もっとも、このような経験は ほとんどありませんが …

Posted at 2010年05月21日 20時19分18秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*