特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

雇用期間終了で離職したパート等の失業給付

昨日、3月29日(月)の北海道新聞朝刊から 15面(生活)

雇用期間終了で離職したパートや派遣の失業給付

受給の適用条件に注意

雇用保険の受給資格要件は、2年間で雇用保険に加入している期間が
12ヶ月以上が基本

期間雇用の場合、期間終了時に継続されるかどうかの、契約の中身が重要
になります。

特定受給資格者
○雇用契約が「更新する」ことが明記され、本人も更新を希望したのに
 更新されなかった場合
 …雇用保険加入期間が、離職前1年間で、6ヶ月以上でOK(受給資格・有) 

特定理由離職者 →(暫定的措置)
○「更新する場合がある」等、更新の可能性があることが明記され、本人も
 更新を希望したのに更新されなかった
 特定受給資格者と同じ
 …雇用保険加入期間が、離職前1年間で、6ヶ月以上でOK(受給資格・有) 

○契約期間満了により離職
 「更新しない」と明記され、実際、更新されずに離職した場合
 …原則どおり、2年間で雇用保険に加入している期間が12ヶ月以上

 以上、最初の契約で期間終了時、更新に関し、どのような取決めになって
 いたかで、決まります。
 雇用の時点で、十分明確にするのがトラブル防止に重要です。

Posted at 2010年03月30日 22時13分34秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*