特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

サービス残業の請求、就業規則を見たことがない

 当社は、パートを含めて社員20の会社です
  始業は8時半、終業は5時半で 一日8時間労働で、土日は休みです。
  しかし、毎日 朝8時には、ミーティングが始まり、仕事が終わるのは
  夜の8時過ぎです。上司の指示で、毎日残業です。
  しかも、月数回 土曜日の出勤もあります。
  それなのに、残業代は10時間分程度しかつきません。
  他の残業代、月最低でも30時間分は請求できるでしょうか?
  ちなみに、このように残業代がもらえない社員が15名ほどいます。

A もちろん請求できます。 
  しかし、いくら残業代を請求できる権利があっても、なにか行動しなけれ
  ば、いつまで経っても 残業代はもらえません。
  残業代は、最大 2年間遡って請求できます。
  
  仮に、一人の時間当たりの給料単価が1200円で、月平均30時間の未払
  いの残業代があるとして。
  一人当たり 1200円×1.25倍×30時間×12月×2年分=108万円
  請求できることになります。
  相談者の会社では、同じように残業代が未払いの社員が 15名いるとのこと
  なので、15名分として

  108万円×15名=1,620万円 請求できることになります。

 分かりました。
  もう一つ、当社は就業規則があるようなのですが、社員で見た者がいません。
  会社のルールがよく分からないのですが、これで良いのでしょうか?

A パートを含めて社員が10名以上の会社は、就業規則をつくって
 労働基準監督署に届けることになっています。

  また、就業規則は社員に周知する義務があります。
  最近の判例では、社員に周知しない就業規則は無効 となっています。
  相談者の会社は、人事・労務管理に関し、相当に無知・無関心のようなので、
  しっかり 是正してもらう必要があるようです。

  是非、ご相談下さい。
  電話での相談は、10分程度なら、無料でお応えします。

  但し、以下の点にご注意下さい。
  。隠以以上のご相談は、有料になります。
   (それほど高い報酬ではありませんし、予め金額はお伝えします。)
  匿名のご相談はお断りします。
   (いままでの経験から、匿名のご相談で報酬につながる依頼は皆無でしたので)






  
  

Posted at 2010年02月21日 01時27分02秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*