特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

失業し、創業を考えているのですが 旭川市・名寄市・士別市:社労士、行政書士

Q 三十代の男性です。7年間勤めていた会社が、事業縮小で、解雇
  されました。
  今後、職を探すか、今までの経験を活かして 創業するか考えています。
  仮に、創業する場合、何か受給できる助成金がありますか?

  また、今後どのような手続きをすれば よいでしょうか?

A 三十代で、雇用保険の資格が5年以上なので、自立就業支援助成金(受給資格者
  創業支援助成金)が該当になりどうです。
  まず、ハローワークで雇用保険の受給
  の手続きをしてください。
  三十代前半で、雇用保険の期間が5年以上あり、会社都合の離職なので270日
  分(約9ヶ月:最近の特例措置で60日分延長された日を含む)の雇用保険が適用
  になります。就職も考えているとのことですので、ハローワークにまめに通って、積極的に
  求職活動をすることをお勧めします。

  さて、「受給資格者創業支援助成金」について 説明します。

  概略 
  受給資格者創業支援助成金は、雇用保険の受給資格者(失業者)自らが創業し、創業後
  1年以内に継続して雇用する労働者を雇い入れ、雇用保険の適用事業の事業主となった
  場合に、当該事業主に対して創業に要した費用の一部について助成することにより、失業者
  の自立を積極的に支援するものです。

  助成金額
  法人等設立事前届の提出日から事業を始め日以後3か月以内に支払った経費
 (人件費は除く)2分の1が支給されます。(支給上限:300万円まで) …上川支庁管内
  ※助成金の支給は2回に分けて行います。
  ※この、経費には対象になるものと、ならないものがありますので、事前に十分 確認
   しましょう。

  手続き
  法人等設立事前届の提出
  法人等の設立の日の前日までに署名又は記名押印した法人等設立事前届を作成し、
  雇用保険受給資格者証の写しを添付して、管轄労働局長に提出します。なお、
  提出については、管轄労働局長の指揮監督する公共職業安定所を経由して行う
  ことができます。


  ホームページ http://www.office-matsuda.info/

特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域) 
主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
不動産・預貯金の名義変更のお手伝いをします。
遺言書作成・遺族年金請求のお手伝いをします。
ご希望の会社設立のお手伝いをします。
資金計画・会計処理のお手伝いをします。
建設業等許可・経営審査、記帳会計
会社設立

Posted at 2009年05月10日 11時39分08秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*