特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

犬・猫の寿命 

最近、お客さんの所の 雄の20歳以上の猫がなくなりました。

ふと、動物病院の薬の袋に 犬・猫の 20歳の 人間の年齢換算が出ていました
が、それによると猫の20歳は、人間では92歳とありました。
(犬と猫が同じになっています。)

我家のもえ(雌の犬)は、今月が誕生日で 満9歳になりました。
人間の年齢で52歳だそうです。


犬も猫も、最近大事にされ、餌が良くなったのと 動物病院に行く機会が増えて 平均
寿命が延びていると思われます。

犬・猫の年齢を 人間で換算したら何歳か? はペットを飼っている方には関心が高いと
思いますが、

結局、犬・猫の寿命を 多くの事例に基づいて統計を取らないと分からないと思います。
先の、20歳以上の雄猫の人間での年齢が92歳 …とは
(20歳以上長生きする猫がそんなにいるとは思えないのですが。)
私には、100歳以上と思えるのですが。
(最近、100歳以上のお年よりも珍しくなくなったので)

また、ふと感じたことは

・近所の犬の例で、15歳前後でなくなる例が多いので 犬の15歳は 人間でいえば
 80歳ほどか?
・我家では猫を飼っていないのでよく分かりませんが、猫の方が長生きするのでは?
ということです。

皆さんは、どう感じるでしょか?

 

Posted at 2008年08月31日 10時18分39秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*