特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

相続手続きが完了 旭川市:行政書士・社労士 日記

今日は、朝T社に訪問、社長と賃金規程を、私の案(たたき台)を元に協議する。
一番重要なことは、
]使トラブルを防止する規程をつくる。
⊆勸のモチベーションを上げることを考える。
2饉劼亮益に合わせたものにし、強い会社をつくる。
ぜ勸が安心して仕事に打ち込めるものとする。
法的検討課題、昇給(降給)、賞与の査定、等検討すべき課題を明確にし、今週末再度
社長と協議する日程を確認する。

その後、相続・遺族年金が全て完了した方を訪問する。
権利書、根抵当抹消の委任状(提携の司法書士の先生に渡すもの)、もらい忘れ年金で、
最終的に社会保険事務所に渡す書類を記入してもらう。
昼にかかり、出前を用意していただきご馳走になる。
一連の手続きで、大変感謝され、私もうれしく、仕事のやりがいを感じる瞬間である。

その後、永山で開かれたN社・H社主催のタイヤ展示会を見に行く。

事務所に帰宅すると、約束していたM損害保険の課長が来所。
いくつかの取り組みスケジュールを確認する。

その後、明日訪問予定のA社の賃金規定の課題を再度検討し、資料を整理確認する。
途中、別なA社の社長に組織・権限規程案のファイルをメールで送付する。

夜は、25日(火)訪問予定の、名寄市、士別市の取り組み課題を考えて一日が終了する。
優秀なスタッフが2名、当事務所に加わることもあり、さらに多くの企業、市民の方に
お役に立てることを計画したい。

ホームページ参照http://www.office-matsuda.info/
特定社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

Posted at 2007年09月22日 09時03分51秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*