霊峰岩木山のお膝元、弘前市にある会員制ウェイトトレーニングジム!料金格安!リハビリ、健康管理、減量、スポーツ補強、ボディビル、パワーリフティング。お年寄りからアスリートまでお待ちしております。 各種サプリメントもご用意しております。   入会金¥5000  月会費 男性一般¥6000  女性一般¥5000  学生¥5000  ナイト¥4000 でんわ 0172−82−5552   休業日 日曜、盆、年末年始ほか 住所 弘前市五代字早稲田509−11
メインメニュー
サプリメント

君はどこまで知ってる?プロテイン!!

スポーツマン・アスリートが摂るべきサプリメントの、基本中の基本!
現在ではアスリートのみならず、体力を付けたい健康志向の多くの人々に
広く飲まれているのがプロテインです。
 
 最近ではかなり一般にも浸透してきた感のあるプロテインですが、
実は基本的なことについて知らずに利用している人も多いのでは・・・。
 
 1)まずは、原材料について
  以前のプロテインは、今に較べてかなり多くの食品を原料に製造されていました。
  例えば、大豆、小麦、鶏卵、牛乳(主としてカゼイン)、牛肉・・・etc。
  それが現在ではその殆どが牛乳(乳清)か大豆になりました。同じ牛乳でも、以前は
  盛んに使用されたカゼイン減り、変わって以前は殆ど利用されていなかった乳清
  (ホエイ)が主流となっています。
 2)原材料による性能の違い・・・。
   この10年程、プロテインの勢力図を完全に塗り替えてしまったのが、ホエイプロテイン
  です。その最大の理由は人体への吸収率の高さと、その早さです。現在、国産外国産を  
  問わず、各メーカーの主力製品がホエイを原料としたプロテインです。
   これに対して大豆。一時は大ヒットしたホエイに圧倒されて市場の隅に追いやられていた
  感がありましたが、ここ数年その特長が見直され、徐々に人気が回復しつつあります。
  その特長とはズバリ、吸収の遅さ です。遅いと言えば聞こえは悪いですが、見方を変え
  れば、徐々にゆっくりと吸収されるということです。このことは、就寝後も長時間体内(腸
  内)に留まり、身体に蛋白質を供給し続けるということです。必ずしも早い事がベストとは
  限らないということなのです。
   そして、大豆が見直されるきっかけとなった理由がもう一つ!フラボノイドを初めとする
  健康に大変良いとされる抗酸化成分が豊富に含まれるということです。
 3)摂取量とその方法
   このことについては、はっきり言って決まり事という程の制約は有りません。なぜなら
  プロテインは食品であって、薬物ではないからです。
  ただ、特にアスリートにとっては推奨される摂取量があります。即ち、一日に体重1kgあ      たり2〜3gです。ただし!、これは蛋白質全体の量のことであって、プロテインパウダー単
  独での量ではありません。
   食事毎に蛋白質量を計算している人は少ないでしょうから、私が大まかな目安を示して    おきます。
   即ち、アスリートで月に1.5〜2kg。一般人で月に1〜1.2kg大丈夫でしょう。

 
  


Posted at 2007年06月17日 01時13分09秒  /  コメント( 1 )

パワーボックス サプリメント!!

 
パワーボックスの主な会員層は、筋肉の増強を目的にする方々ですので、
当ジムでご用意しているサプリメントも、その殆どが筋肉増強を狙ったものです。

 今日数あるサプリメントの中でも、その効果が多くの研究データによって裏打ちされ、
広く知られている物は、以下の5点でしょう。
 1)プロテイン
 2)アミノ酸
 3)クレアチン
 4)グルタミン
 5)BCAA
 パワーボックスでは、これら筋肉作りに欠かせない五つのサプリメントに加え、脂肪
燃焼と筋肉増加に同時に効果があるとされるCLA、健康維持に欠かせない各種ビタミン
&ミネラルを、消費税までサービスの格安価格にてご用意しております。


Posted at 2007年06月16日 23時31分18秒  /  コメント( 0 )