千葉市の整体院。椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎すべり症、変形性股関節症、ぎっくり腰、変形性膝関節症、オスグット(成長痛)、側湾症、半月板損傷、しびれ、慢性腰痛など病院や接骨院、各種療法の治療で良くならないなら千葉県千葉市の「いっぽ自然整体院」にお気軽にご相談ください。 千葉県千葉市中央区中央3−15−14アソルティ千葉中央6F  電話043−225−3232 いっぽ自然整体院(オスグット千葉中央研究所)

力を抜く

力を抜く

オスグットに限りませんが
力を抜くことはどんな症状の回復にも必要です。
オスグットで悩んでいる方の多くもそのリキミが
症状の原因の要因になっており、
それが回復を妨げにもなっています。

常に力が入っているので、当然疲労します。
疲労により筋肉は張り、
よけいに筋肉はゆるまない。
血行も悪い。
痛みで緊張し筋肉に力を入れる。
そんな悪循環で症状はますます治りずらくなっていきます。

そのリキミ自体も自覚できない。
リキミがあってもその力を抜くことが出来ないのは
その自覚が無いからとも言えます。
それはいつも力が入っているのでそれが当たり前の状態ですから
力を抜くには、訓練が必要です。

その訓練が手法でもあります。
また、力を抜くことを自分でトレーニングする必要もあります。
いわゆるストレッチも多くの方が逆効果になっていることが多く
そのやり方のアドバイスも大抵の症状の方に行っています。

筋肉を鍛えるのは、力を抜くことに比べれば簡単なことです。
しかし鍛えてばかりでいいなら、誰も苦労しない。
力を抜くことは簡単なようで難しいのです。

力を抜くことは難しいことですから、
「手抜き」と単純に考えてはなりません。
力を抜くことで、体にも、運動能力も、運動センスもいい効果を
もたらします。
運動が上手になり、感覚も磨かれるのです。

病気や怪我がその力を抜く良いチャンスになります。



オスグット病、成長痛、ジャンパー膝、半月板損傷、
変形性膝関節症、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、
椎間板ヘルニア、ギックリ腰、、捻挫、
スポーツ障害、慢性腰痛、慢性肩こり
側湾症、首や背中の痛み、冷え症、自律神経失調症
四十肩、五十肩、寝違い、ムチウチ症
骨盤や背骨のゆがみ、などは腰肩膝痛専門の整体院
千葉市のいっぽ自然整体院

Posted at 2009年12月13日 17時54分18秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*