千葉市の整体院。椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎すべり症、変形性股関節症、ぎっくり腰、変形性膝関節症、オスグット(成長痛)、側湾症、半月板損傷、しびれ、慢性腰痛など病院や接骨院、各種療法の治療で良くならないなら千葉県千葉市の「いっぽ自然整体院」にお気軽にご相談ください。 千葉県千葉市中央区中央3−15−14アソルティ千葉中央6F  電話043−225−3232 いっぽ自然整体院(オスグット千葉中央研究所)

自然治癒力重視の病院のヘルニア治療

半年前からお尻に痛みがあり、
座っているときが特に痛むという。
病院では椎間板ヘルニアと診断され、痛み止めを処方されるが
一向に良くならないので当院に来院された。

初回、体を観ると体全体が硬くなっている。
その硬さをゆるめ、骨盤の歪みを整えると痛みは無くなった。

2回目来院時も、痛みは軽い状態。
3回目はほとんど痛みが無いので終了となった。

病院ではレントゲンやMRIなどで検査してヘルニアを診断することが
出来ますが、治すことはしないのかと思ってしまう。
良い方に考えれば、自然に治るのを待つという、いわゆる「自然治癒力」を
期待する代替療法的考えがあるのかも。
、、、そんなわけない。単に椎間板ヘルニアに対応できないのが
実情なのかもしれない。

半年も悩んでいた痛みが
当院では今回のように3回(期間は2週間)でよくなったのは
痛みの原因が椎間板ヘルニアが主な原因ではない可能性が高い。
もちろん椎間板ヘルニアによる原因がゼロではないだろうが
主なる原因は別にあるということです。

しかし、病院では画像検査で椎間板ヘルニアがあれば、
もう、「これは椎間板ヘルニアです。」と診断されて
他を診ようとはしない。

当院の手法は確かに「自然治癒力」を重視します。
しかし、その自然治癒力が低いとか、うまく働かないのを
正常にさせることで自然治癒力の力を発揮させつつ
また、何が原因かを常に推理、推測、検証してゆき、
その原因は決して一つではないのも考慮し、
問題の改善を図ってゆきます。

オスグット病、成長痛、ジャンパー膝、半月板損傷、
変形性膝関節症、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、
椎間板ヘルニア、ギックリ腰、
スポーツ障害や慢性腰痛、捻挫、
側湾症、首や背中の痛み、冷え症、自律神経失調症
四十肩、五十肩、慢性肩こり、寝違い、ムチウチ症
骨盤や背骨のゆがみ、などは腰肩膝痛専門の整体院
千葉市のいっぽ自然整体院

Posted at 2009年10月15日 17時12分19秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*