各種自動車販売  車検整備修理  用品販売取り付け  鈑金塗装  保険他
メインメニュー
2019-05 の記事

紫陽花、

もう紫陽花の季節ですね
夏日も多くエアコン故障の入庫も多い季節に入りました

カリーナED
エアコンが故障、ガス漏れですね!
高圧ホースのアルミ部分に割れが有りNG状態
コンデンサーにも漏れ跡が見られます!
既にレトロフイット
でR134へ変更されてますが
劣化が進んだんですね、部品はもちろん
全交換も視野に探しています


マツダ初代MPV
車体の下側からのオイル漏れが有り入庫しました
ATF漏れでした、オイルパンのガスケットと
数点の部品を発注しました
連休明けに車が戻って来ましたので
部品の交換を行いました

ATFも劣化します、定期交換は必要です
その時期を怠るとオイルシールからのオイル漏れが止まりません


スプリンター・トレノTE27
時々、ブレーキが戻らない!引きずり?走れない!
現在は通常の様です、前後のホイールシリンダ及びワイヤーの分解・点検
異常は有りませんし残りは
ブレーキマスターシリンダの分解ですが
先に部品の準備が必要です

TE2742年ですかねサニーがデビューして
続いてカローラKE10新販売!サニーは1000CCカローラは1100CC!!
ソノあとサニーも1200へ、長く販売の戦いは続いていました
エンジンはサニーのA型が良かったです、車体はトヨタですね
86トレノ登場はかなり後ですね

エンジンはDOHCでキャブはソレックスなのでアイドリングはグラグラ
SRグレードでツーバレルのツインキャブも有りましたがソレックスの
吸気音は豪快でした
排気音もカムのオーバーラップが大きい為か、いい感じの重低音
クーラー無し、パワステ無し、ラジオはAMのみ、カーステは8トラ
そんな車でした

当時、友達がこの車を買ったと言う事で
走り周り!挙句の果てに、夜になってから長野へ行こうとなり
ドライブ当時は、次の日の仕事の事とか
あまり考えてなかったですね


セルシオ11系
エンジンのECU点検、
エンジンなど何となく不調かななど
ダイアグコードも無し、センサーの単体数値も異常なしなど
の時にエンジンのECU内のコンデンサーの液漏れなどを
点検で開けて見ることが有りますが
今回は専門店に出して点検中です
 

30Z240
純正のエアコンタイプ式クーラーです
当時の私の愛車愛猫セリカもクーラーですがエアコンタイプ方式で取り付いていました
R12エアコンガスを充填を行います
漏れ場所が確定できなくて今回は予想の説明、
2本ほどの充填で吹き出し口の温度は10℃以下まで下がりました

梅雨入りも間近かになりました、体調管理も怠りなくお過ごし下さい
今月もお疲れ様でした
 

Posted at 2019年05月30日 21時58分04秒  /  コメント( 0 )