各種自動車販売  車検整備修理  用品販売取り付け  鈑金塗装  保険他
メインメニュー
2014-04 の記事

お休みですか、お仕事...

ラジエターからLLC漏れ、修理依頼を受け点検
エンジンルームはLLCがダダ漏れ状態でした
ウォーターポンプからの漏れを確認できたので
部品を発注!工賃表を見ると3Hを超えてました
では始めますが、長年のホコリが・・掃除してからですね 
 ()  



ソアラの車検整備ですがすぐ目に付いたのが
シートベルトの警告灯が点灯していない・オイル漏れが有る・ラックブーツが破れてる
ヘッドライトに水滴混入などこれらをクリアーしないと検査は受けられませんね

遅れましたが検査を通して納車出来るようになりました


ステージアのガラス動かず!?ドア内張りを取り外してモーター付きで
ウインドレギュレターを
取り外してみた、ワイヤーもローラーも異常はなし
モーターを単体でテストすると動きが悪い状態なので交換となりました
出来ればチャンネルも交換したかったですね・・
 

車を見てほしいと相談されました・・・
クラッチが滑っているが川崎まで行けるか?
途中か川崎で立ち往生が間違いないのでホカの車で行ってください!!
他の仕事を後にしてミッションを降ろしました(とにかく重いんです)
分解するとクラッチディスクの焼けた臭いとホコリが工場内に充満しました

これが今回の部品で一番高価な部品(3.5万円)でパワーシリンダーと呼ばれる物です
残念ですが毎回の交換が必要なんですコノ作業一回で約15万円プラス税がかかります


セリカLB、エンジンヘッド周りのO/Hで入庫
追加でガスケット類を注文しました、何かと部品が出て大変です
シリンダーヘッドは取り外して研磨屋さんで修正中です



今年もGWの季節ですね
お休みの方、お仕事の方
お疲れ様でした

Posted at 2014年04月29日 19時30分15秒  /  コメント( 0 )

春の週末にカミナリ響く

タントカスタム
エンジン不調及びエンジンオイル漏れなどで入庫
オイル漏れは・・洗浄してからテスト走行後の話で手のつけようが有りません
エンジン不調を先に点検、エンジンチェックランプは点いていないので
ダイアグコードは出ていません
但し、エンジンが点火していないのは一目瞭然!
ダイレクトコイルをテストしていくと一番シリンダーのコイルが寝ています
交換してテストするとターボエンジンが復活しました




車検整備の前にウインカーの(分解点検後)部品を発注してリフトアップへ
シャシ周りのブーツは劣化により破損ガ多く初期のうちは何も感じませんが
車検などで発見されて大事になる前に交換となるケースが多いですね
年数が進むほど大事にしましょうね

その日の午前中でした
車庫で車の付近に水漏れが有るようでと電話があり点検へ向かい ました
見たところ水色の液体であり、ラジエターLLCを点検すると量はLOレベル
でしたので訳を話して引き取りました
10万Kごろには消耗品以外の部品が
交換時期でしょうか・・


 
その部品類は少しずつ送られて来ました
ブレーキディスクパットや各部のオイルも交換
エンジン周り及びサス・ショックなどもあわせての交換でした
週末過ぎまでお預かり予定でしたが作業が早くに進み
その前に納車する事が出来ました



車高下がりも車検も余裕でOKです
 



ここのところ週末に天候が崩れますね
お疲れ様でした

Posted at 2014年04月04日 21時24分10秒  /  コメント( 0 )