各種自動車販売  車検整備修理  用品販売取り付け  鈑金塗装  保険他
メインメニュー
2012-04 の記事

フロントカバーからオ...

フーガ、テレビチューナー等などの新設です
現地にての作業予定でしたが諸事情により
工場へ引き取りました
肝心な映像ジャックはコンソールに有りましたので
助かりました

コロナ1600S、昭和43年式なのでゴム製品は劣化しています
不良な部品を外して(汎用)の合う物を取り付けていきます
今回はクラッチインナーキットやジョイントブーツなどを交換しています

フロントサスペンション周りの点検、分解修理

スバルレガシィB4、エンジン周りのオイル漏れ等で入庫しましたが
ハンドルラックブーツの(破れの為)交換に追加になりました
デフマウントはSSTが必要でした!?調整中です・・

MR2のオイル漏れのためエンジンフロントカバー付近を
分解して、おおよその部品を発注!!しましたが愛車も20年経ちますと
ボチボチ部品は(製造中止により)欠品が多くなりました
内部はウォーターポンプの水漏れも発見、丁度いい時期の修理でしたが
連休中は車が使えなくなりました



G・Wですねー、お天気どうでしょうか♪
お疲れ様でした

Posted at 2012年04月26日 19時14分36秒  /  コメント( 0 )

RT54!!久しぶりに見た

RT54、コロナクーペです昭和43年
久しぶりに見ます、ジロジロじろじろ本物です(笑)
車体もエンジンも新車のようです
当時OHVが主流の頃にOHCの7Rエンジン搭載、
記憶では
マーク桐僂と思いましたが後期型コロナにも搭載していた様です

故障部分の部品を調べて貰いました
トヨタに、まだ2個有るそうです
早速、注文をお願いしました
本日はミッションとデフオイルを交換して帰って行きました

GRS182ゼロクラ、前回ATオイルパンを外してソレノイドスイッチを交換しましたが
改善されない為・・お客さんへ相談の結果
AT本体ASSYを交換となりました

さて、取り付けてエンジンスタートとぉー
しかし、バッテリが上がっていました(!?)テスターを当てると漏電が発覚、
そちらは最後の点検へ、仮のバッテリを付けてATFの点検などを先に行い
試運転へ(夜間の高速道路へ)故障中は4速よりシフトアップしない為
エンジン回転数3000RPM以上に(80K/M)ATミッション交換後は6速へシフトして
1400RPM以下と元に戻りました、その他も全てが正常な作動が確認なりました


当日は夜間、整備の会合へ出かけましたが
現地駐車場で車上荒らしが有り 大変でした
車内に貴重品等は置けませんね

DW5Wデミオ、冷間時にエンジンより異音発生、
工場では現象は出ていません予測になりますが
少し劣化がみられるファンベルトを交換させて頂きました
次の日も音は出ませんでした一旦お返しして
様子を見て頂く事になりました


JZX90マーク供朝の通勤中にガタンと窓が落ちたそうです
そのまま、動かなくなりウチへ 置いて行かれました
ウインドのレジュレターが(ワイヤー)切れたでしょうか


4月も半ばに入りました、5月から車検の重量税が(大半)減額になります
車検を出す時にはお尋ね下さい
お疲れ様でした

Posted at 2012年04月15日 10時39分44秒  /  コメント( 2 )

エキゾーストパイプよ...

冷間時のエンジン不調・温間時のオイルの燃えた臭い・・等
エンジンを見渡すとオイル漏れが発生していました
(かなり前からでしょう)
分解するとあちらこちらに漏れて溜まっていました
流れた部分はマフラーなどに溜まって焦げている状態でした
ガスケット(部品)は1350円×2でした

プラグコードやプラグの中に漏れたオイルが入り込んでいました
何事も起きなくて良かったです・・
最後に試運転で乗りましたがエンジン音は静かで感心しました
新車からのクリアランスが保たれているという事ですね

(おまけで)旧型スロットルは取外したら必ず洗浄しましょう
裏側もドロドロに汚れていました


ノーマルタイヤへの交換、1?凹みが直ってる _| ̄|○
 
エンジンをかけると凄い音が・・ベルトのすべり?プーリー?
分解するとオルタの取り付けステーが割れていました
締め付け部分のネジ山も硬さが有ったのでオルタ本体を取り外してタップを入れて
仕上げました
 
車検です、前回の整備から走行距離が少ないとはいえバッテリ・ATF・この先不安なもの、
また、フィルター類は汚れていますね
交換します!!

サクラも今が見ごろですね〜♪
お疲れ様でした

Posted at 2012年04月07日 21時51分37秒  /  コメント( 0 )

ゼロクラ、ATフルード...

オイル漏れを放置、結果・・
残念な事にオルタが天国に旅立ちました
LLCやオイルが流れ込むと寿命が短くなります


ノアのウォータポンプ交換(タイミングベルト含む)でした
分解していくと本体はASSYで取外すタイプでした!
ファンの部分のみを入荷でしたがASSYへの変更・・
時間の延長と部品見積りも5000円程度アップになりました(辛)
終っての感想〜エンジン音が非常に静かです、
ベルトが伸びて緩み騒音の元
になっていた様です


プレサージュ、エンジンルームがオイル漏れとホコリが・・
通常はボンネットを開ける事が無いので気ずきませんね  ^^;
下周りではドライブブーツ切れ(左右)が有り検査も通らないので
全交換になりました


ATフルードも定期交換が必要ですね
ATの不調でダイアグコードはP0761(S3-ソレノイドスイッチ不良)
フルードを点検すると量はOKでしたが、汚れが大・大汚れ状態でした
AT本体も長持ちしません
最近はフルード量用のレベルゲージが有りません、
点検方法に手間がかかります




いつの間にか4月ですか・・
お疲れ様でした

Posted at 2012年04月01日 14時01分05秒  /  コメント( 0 )