メインメニュー
患者さん

犬の症例紹介(角膜障害)

 最近診察した犬の白い眼(角膜障害)パート1
 
 上の2画像は右眼と左眼です。
 7歳のボストンテリアで1年ぐらい前から両眼角膜に白濁が出現、白濁部が増えてきたとのことで当眼科に来院。
 これは角膜内皮ジストロフィーというもので、優性または不完全優性遺伝が示唆されます。一般に発症する系統はチワワ、ボストンテリア、ボクサー、ダックスフンドなどが問題となる系統で、年齢は7歳以上に多く見られます。上の症例の現在の状況は水ほう性角膜症という状況で右眼は2次的な角膜びらんが見られます。治療は全層角膜移植術が角膜の透明度を回復する理想の方法です。ただし、角膜提供があった場合です。また、痛みのある水ほう性角膜症では角膜熱形成術(角膜ジアテルミー)が最も有効です。病変を持つ動物は繁殖させないように忠告することが必要です。
 なお、この症例はホームページの前回の症例紹介例です。パート2に続く。

Posted at 2013年07月19日 11時50分16秒

動物眼科症例(猫のヘルペスウィルス感染症)

 猫のヘルペスウィルス感染症による、新生児眼炎、眼球癒着、角膜炎を併発した症例を紹介します。 症例は生後40日令ぐらい、体重600gのMIX猫。3週間前に捕獲し、地元の動物病院に10日ほど入院、退院時は両眼の眼球が確認できず、歩行もぶつかっていたとのことでした。その後当病院の眼科に来院。上の画像は来院時のもので、右眼眼球はありますが眼炎、結膜炎、角膜炎が重度で眼球内が確認できません、また眼瞼癒着もあります。左眼は瞬膜、眼球結膜、眼瞼結膜の癒着がひどく眼球は確認できません。
来院後5日間の内科治療をした後、再来院して両眼の眼球、角膜、結膜、瞬膜の処置をしました。真中の画像は処置後の画像です。両眼とも癒着がひどく、処置後は画像のようにかなり腫脹しました。また、両眼とも眼球はありますが、角膜癒着の肉芽が重度で眼球内は確認できませんでした。なお、体重は650gです。 下の画像は処置後10日目の画像です。右眼は瞳孔も確認され反射も正常でした。左眼にかんしては角膜の変化はありませんでした。両眼とも少し癒着が進んでいます。体重は850gになりました。なお、元気にものにぶつからず遊んでいるそうです。次回に続きます。

Posted at 2011年11月02日 09時23分34秒

動物眼科症例(薬物障害)

 今回は動物眼科に来院した、点眼薬の不適切な使用による角膜障害を起こしたワンちゃんの症例です。症例は11才のシーズーでかかりつけの病院より以前からヒアルロン酸点眼液とジクロード点眼液を使用していたそうです。 画像のように右眼角膜中央にデスメ膜付近までの深さの角膜穿孔が当院来院3日前に気がつき、かかりつけの病院で受診したそうです。かかりつけの先生によれば原因不明とのことでした。今回はこの原因を追究してみたいと思います。 今回の一つの大きな原因として、ジクロード点眼液があげられます。この薬は白内障手術時に使用する薬でこの薬により人医における白内障手術が飛躍的に成功するようになりました。ただし、適応は白内障の手術です。4番目の画像の説明に使用上の注意をあげています。この薬は角膜潰瘍、角膜穿孔があられることがあるので、角膜びらんなどがあられた場合ただちに投与を中止、適切な処置を行う必要があります。また当病院で処方する場合は副作用の説明と頻繁に角膜検査をおこなうことを条件に処方しております。今回の症例は多分薬物障害が疑われます。当病院の二次診療でこの薬剤の不適切な使用による角膜障害が時々見られます。この薬を動物病院で処方されているみなさんは角膜の状況に注意してください。おだいじに!

Posted at 2011年07月06日 10時15分44秒

動物眼科症例(上眼瞼の腫瘍)

 今回はラブラドールレトリバー、11才の左上眼瞼(眼瞼結膜を含む)にできた腫瘍の症例を紹介します。この症例は1年以上前から左上眼瞼に3mm程度の腫瘍があり、かかりつけの先生が診ていたそうです。現在の大きさが12mm程度になって当動物病院の眼科を受診しました。 これは初診時の画像です。カリフラワー様で、出血傾向が強く、上眼瞼の3分の1以上の大きさで、眼瞼結膜の部分の腫瘍が大半でした。 これは腫瘍摘出手術後の画像です。 この2枚の画像は手術後10日目で、左右の眼瞼の大きさ、長さもほぼ同じで、左右眼の形、大きさが変わらず飼い主さんから大変喜ばれました。
なお、この腫瘍はマイボーム腺腫で悪性所見はありませんでした。おだいじに!

Posted at 2011年06月23日 09時44分50秒

動物眼科症例(重度のドライアイ)

 動物眼科病院へ来院しているミニチュアピンシャー、5才の女の子の症例です。 この2つの画像は初診時のもので、6ヶ月前より他病院で左眼、結膜炎、角膜炎という診断で治療していました。当院の来院時のシルマー(涙の指標)は左眼0mm、右眼4mmでした、なお正常シルマーは15mm以上です。 治療1週間後の画像で、シルマーは左2mm、右20mmになっていました。左眼は涙の出はまだまだですが、画像のようにたいへんスムースな角膜になりました。乾性角結膜炎の状態はたいへん良くなりました。おだいじに!

Posted at 2009年10月19日 20時04分11秒  /  コメント( 0 )

眼科症例(猫ヘルペス感染症)

今回は動物病院眼科へ来院した、猫かぜとよく言われている猫ヘルペスウィルス感染症の重度の結膜炎の仔猫を紹介しますこの仔猫ちゃんは飼い主さんが保護して1週間目の状態で当病院へ来院しました。保護してすぐ動物病院で治療を受けていたそうですがだんだん悪くなったそうです。 来院初日の状態です。両眼の流涙、目やに、重度の結膜炎で両眼とも眼があけません。 治療7日目で流涙はありますが結膜炎は少し良くなっています。 治療3週間目の状況で少し流涙がありますが両眼とも非常に良い状態になっています。やっと猫ちゃんらしくなりました。おだいじに!

Posted at 2009年10月02日 20時42分45秒  /  コメント( 0 )

動物眼科症例(重度の角膜潰瘍)

 動物眼科へ来院したコーギーの角膜潰瘍、中心性デスメ膜瘤の症例を紹介します。 初診時の画像で、角膜欠損部の中央は透明でフルオレセイン染色に染まりません。欠損径は7mm、なお抗生物質薬剤耐性が出ていました。
処置後20日目の画像です。欠損部は円形になってきました。このあと角膜へ手術を行いました。
手術後35日目の画像です。白い角膜の部分が再生した角膜です。今後は点眼療法で白濁を処置します。角膜が再生してよかったね!おだいじに!

Posted at 2008年10月08日 19時47分25秒  /  コメント( 0 )

動物歯科治療

キャバリア、8才、男の子の口腔内です。重度の口臭で来院しました。左上の写真は処置前で重度の歯石がついています。中上は歯石除去、ルートプレーニング、ポリッシング後の画像です。右上はそのあと歯根部と歯肉の間に薬剤を注入しているところです。下はその後消毒、乾燥後、レジンで歯を形成したところです。おだいじに。

Posted at 2007年03月23日 20時34分12秒  /  コメント( 0 )

動物歯科治療

                         
犬、5才、全歯が歯石で覆われていました。上の写真は 歯石除去(スケーリング)、ルートプレーニング、ポリッシング後の右側の写真です。上顎臼歯(大きい歯)に注目、歯根が空いて歯肉との間に空間ができています(黒い逆三角形)。真ん中の写真は空間を消毒、乾燥後、レジンを詰めました。下の写真は再度、レジンを詰めて、硬化後ポリッシングして治療完了。歯根の空間を埋めることにより、空間への歯石の付着を防ぎ歯の脱落を防ぎます。
おだいじに!

Posted at 2007年03月05日 20時26分20秒  /  コメント( 0 )

動物眼科症例



猫、左眼、上眼瞼一部の内反症です。肉眼で見える毛が眼を閉じた時、角膜を刺激して慢性角膜潰瘍になっています。白く見える部分は潰瘍の一部です(上の写真)。
下の写真の緑色の部分は潰瘍部分を染めて潰瘍の深さと大きさの診断をしているものです。
8mm径の潰瘍が見られます。この猫ちゃんは角膜潰瘍のため涙が異常におおく、眼をよくこすっているそうです。治療後に結果を報告します。

Posted at 2007年01月16日 20時47分57秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ