メインメニュー
2011-01 の記事

動物病院眼科症例(猫...

 今回の動物眼科症例は左眼の前房フレアと続発性緑内障を発症した、17歳の男の子の猫ちゃんです。来院、前日より左眼が充血し、瞳孔が変形していたそうです。かかりつけ動物病院の紹介で来院しました。 この2画像は初診時のもので、前房フレア、画像ではわかりにくいのですが瞳孔径の変化、虹彩による一部、房水排出路の閉鎖がみられ、眼圧は53mmHgとかなり高眼圧で、緑内障の症状が観られました。 この画像は内科治療と点眼、7日目の状態です。フレアはきれいに消え、眼圧も12mmHgと正常値になりました。なお、継続治療をしています。おだいじに!

Posted at 2011年01月23日 09時16分08秒

なかまにいれてよ 222

 新年、第2弾は動物病院眼科に来院しているりく君を紹介します。 りく君は7才の男の子、珍しいノーフォークテリアという種類です。毛は剛毛でカピパラのようです。性格はとてもよい子。今回は角膜上皮剥離で来院しました。よい子なので回復がとても順調、また登場してね!よろしくね!

Posted at 2011年01月14日 10時11分53秒

なかまにいれてよ 221

 新年、第一弾のかわいい仲間は糖尿病で来院しているトムくんを紹介します。 アメリカンショートヘアーのトムくんは14歳のイケメン猫ちゃんです。現在2年前から糖尿病に罹患し、通院しています。元気な時は5キロ弱あった体重も3キロに落ちがんばっています。病気と戦っているトムくんをみなさんも応援してくださいね!
がんばれ!トムくん!

Posted at 2011年01月11日 10時59分19秒