メインメニュー
2010-08 の記事

皮膚移植(フラップ)...

 皮膚移植の最終手術をおおくりします この2画像は移植片のつなぎを除去したものです。除去部の縫合と除去片です。

Posted at 2010年08月30日 15時28分26秒

皮膚移植(フラップ)...

 今回は皮膚移植後約2カ月、移植の最終だんかいをおおくりします 皮膚移植部が周囲の皮膚と一体となっています。探子の入るところが移植片の血行部位です。 この2画像は皮膚移植仕上げ前の皮膚の状況です。移植部と周辺皮膚が一体化しています。移植後2カ月で非常によく皮膚が移植されています。次回に続く。

Posted at 2010年08月27日 09時25分16秒

皮膚移植(フラップ)...

  移植後4週間目の画像です。移植皮膚の脱落も見られず、かなり良く周辺組織と一体化しています。 この2画像は移植後5週目です。順調に経過しています。次回に続く。

Posted at 2010年08月25日 08時30分10秒

皮膚移植(フラップ)...

 これからの数回は移植の経過をお送りします。  移植後5日目の画像です。移植部の変色、脱落は見られません。 移植後14日目の画像で、抜糸は4日前に行いました。 同じく14日目の画像で、移植部の変色、脱落はみられません。
 皮膚移植症例終了後のスケジュールは動物眼科病院の症例、当動物病院でおこなっている針治療などを紹介したいと思います。

Posted at 2010年08月23日 09時25分52秒

皮膚移植(フラップ)...

 3回目は猫の患部に皮膚を移植したところをお見せします。専門書によると移植成功率は50%と書かれておりました。 前回の血管を増やす処置、抜糸後の画像です。 この2枚の画像は皮膚移植後の画像です。次回から順次、皮膚移植経過を提供します。

Posted at 2010年08月20日 17時16分04秒

皮膚移植(フラップ)...

 前回の続きで、今回は移植皮膚に血管を増やす処置を行います。 この画像は右後肢の皮膚欠損部と大腿の移植皮膚部の関係です。 大腿移植皮膚部の両側を切開して、筋膜部と皮膚部を完全に剥離し、再度縫合した画像です。この処置により移植皮膚部の血管を増やす作業を行います。その後10日目に移植手術を行いました(パート3へ続く)。

Posted at 2010年08月18日 09時05分02秒

皮膚移植(フラップ)...

 お久しぶりです。今回は動物眼科症例ではなく猫の皮膚移植の成功例を数回で紹介します。 症例は3歳ぐらいのMIX猫、野良猫で捕獲されて来院しました。全身の皮膚炎と右飛節下に横20mm縦35mmの潰瘍部がありました。皮膚炎は1回の処置で治りましたが、潰瘍部は肉芽はあがりますが皮膚の再生が出来ずランダムフラップを行いました。 この猫ちゃんが症例です。 この画像が患部です。次回から手術経過を紹介します。

Posted at 2010年08月17日 09時47分29秒