メインメニュー
2008-12 の記事

なかまにいれてよ 170

 動物病院へ全身麻痺(頚椎損傷)で来院したMIX猫のチビちゃんです。損傷3日目の来院時は四肢強直の麻痺でしたが、レザー治療と内服薬でとても良くなりました。初診から2週間目の写真です。 6ヶ月令の男の子です。時々後肢がふらつくそうですがとても元気になりました。来院時の画像があれば症例報告でしたが、なかったものでかわいいなかまで登場しました。よろしくね!

Posted at 2008年12月27日 21時58分29秒  /  コメント( 0 )

動物眼科症例(鼻涙管...

 動物眼科病院へ来院した8ヶ月令、ポメラニアンの鼻涙管閉塞の症例を紹介します。処置前の画像です。 両眼の眼瞼が涙でよごれて、毛が黒ずんでいます。 鼻涙管処置後7日目の画像です。両眼ともすっきりしています。 処置4週間目です。きれいなお顔になりましたね。いつまでもスッキリしたお顔でね!おだいじに!

Posted at 2008年12月19日 20時26分56秒  /  コメント( 0 )

なかまにいれてよ 169

 168の続きでミルちゃん、ココちゃんの一緒の写真です。 ココちゃんはカメラ目線ですが、ミルちゃんは反対の方向に目線がずれてます。二人の目線が揃う確率はかなり低いのでこの画像に決めました。前回はオリンピックの柔道着姿でしたが、今回のクリスマスバージョンはいかが!また、楽しみにね!

Posted at 2008年12月15日 21時57分50秒  /  コメント( 0 )

なかまにいれてよ 168

 クリスマスバージョンのミルちゃん、ココちゃんです。 上の画像はミルちゃん1才11ヶ月男の子です。アトピーがあるけどとっても元気です。 この画像はココちゃん1才4ヶ月の女の子です。いたって元気です。ミルちゃんはシャイですが、ココちゃんは堂々としています。二人ともメリークリスマスです。次回は一緒の画像をだすね!おたのしみに!

Posted at 2008年12月12日 20時52分17秒  /  コメント( 0 )

動物皮膚科症例

 今回は動物病院皮膚科で皮膚にできた腫瘤(イボ)を凍結処置により取り除いた症例を紹介します。症例は15才、体重29kgのMIXです。胸部と左後脚にできた8mm径と5mm径の腫瘤で年齢と麻酔リスクを考えて、無麻酔でー80度の凍結手術を行いました。凍結回数は4回、1回3分で5日おきに行いました。 この2つの画像は処置2回目です。次の画像は4回目終了し、1週間後のものです。 両腫瘤ともきれいに脱落し、皮膚も平らになりました。もし症例の年齢条件など問題がある場合は凍結手術も考えに入れる必要があるのではないでしょうか!おだいじに。

Posted at 2008年12月04日 20時27分12秒  /  コメント( 0 )

なかまにいれてよ 167

 今回は動物病院に来院したギズモちゃんを紹介します。 映画「グレムリン」に登場するギズモちゃんそっくりのチワワのアエンちゃん、11才を紹介します。見れば見るほど毛色もそっくり、ぬいぐるみのようなかわいらしさ!耳の大きさ立ち具合まで!先生感動しました。みなさんもグレムリンのギズモちゃんをしらべてみてね。きっと感動するよ!

Posted at 2008年12月01日 20時11分18秒  /  コメント( 0 )