メインメニュー
2007-01 の記事

なかまにいれてよ 35


M.ダックスのマイカ、3才、女の子でーす。カメラを向けると動き始めてしまいます。落着かなくてごめんね。すこしブレて撮影されました。

Posted at 2007年01月29日 19時40分36秒  /  コメント( 0 )

なかまにいれてよ 34


ポメラニアンのテンちゃん、12才、男の子です。おじいちゃんだけど若々しい顔してるでしょ。なんとなくぬいぐるにのような感じです。よろしく!

Posted at 2007年01月27日 19時09分54秒  /  コメント( 0 )

なかまにいれてよ 33


マロン、生後106日再度の登場です。今日は3回目のワクチンの予定日なので来院しました。注射後、結構リラックスして診察台で大の字になってしまいました。かわいいでしょ、次回の来院の時たのしみにね。

Posted at 2007年01月26日 20時03分16秒  /  コメント( 0 )

なかまにいれてよ 32


再度登場、パグのゴンちゃん、3才、男の子。前回は正面の表情でしたが、今回は横顔のおすまし表情を撮ってもらいました。横顔の表情も美男子でしょ、よろしく!

Posted at 2007年01月22日 19時21分39秒  /  コメント( 0 )

なかまにいれてよ 31


MIXのルーシー,10才、女の子でーす。埼玉犬じゃなくて東京都台東区から先生の病院に来ました。カメラを向けられてとまどっています。よろしく!

Posted at 2007年01月20日 19時17分47秒  /  コメント( 0 )

なかまにいれてよ 30


狆のシロップ、7才、男の子です。撮影中先生に抱っこしてしまいました。とっても、なつきやすいんですよ。散歩であったらよろしくね!

Posted at 2007年01月18日 20時39分00秒  /  コメント( 0 )

なかまにいれてよ 29


ばあちゃんもなかまにいれてね。日本猫、ナミ、15才です。今日はワクチン接種のために来院しました。早いもので16回目のワクチン接種です。1年に一回しか病院にお世話になりません。とっても元気なナミちゃんです。よろしく!

Posted at 2007年01月17日 19時15分16秒  /  コメント( 0 )

動物眼科症例



猫、左眼、上眼瞼一部の内反症です。肉眼で見える毛が眼を閉じた時、角膜を刺激して慢性角膜潰瘍になっています。白く見える部分は潰瘍の一部です(上の写真)。
下の写真の緑色の部分は潰瘍部分を染めて潰瘍の深さと大きさの診断をしているものです。
8mm径の潰瘍が見られます。この猫ちゃんは角膜潰瘍のため涙が異常におおく、眼をよくこすっているそうです。治療後に結果を報告します。

Posted at 2007年01月16日 20時47分57秒  /  コメント( 0 )

動物眼科症例

ミニチャーピンシャーの左眼に発症した脂質性の角膜ジストロフィー(眼の中央の白濁)です。多数の結晶構造と淡いびまん性の混濁が二重構造をなしています。本症は痛みがなく、視覚障害を通常ともなわず、ほとんど治療を必要としません。ただし、角膜ジストロフィーの原因、経過により治療が違います。

Posted at 2007年01月15日 20時27分43秒  /  コメント( 0 )

動物眼科症例


この犬の症例は睫毛乱生・重生といわれるものです。眼板、特にマイボーム腺の開口部から毛が生えていて角膜や結膜を刺激して角膜炎、結膜炎の原因になります。初期症状は涙が多く、眼がくしゃくゃしています(左上の写真)。右上の写真はこの眼のアップです。左右の眼で126本の角膜を刺激する睫毛がありました。下は当眼科病院で行っている凍結手術後の写真です。この症例は多数の睫毛があるため、3〜4回の凍結手術が必要です。

Posted at 2007年01月13日 18時21分58秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ