メインメニュー

動物眼科症例(重度の結膜浮腫)

 今回は2か月以上動物病院で結膜炎の治療を受けていましたが、症状の改善がみられず、重症度がひどくなって紹介で当動物眼科に来院した8歳、男の子の猫ちゃんの症例です。 この2枚は初診時の画像です。両眼とも重度の結膜浮腫で、まったく角膜の状況はわかりません。涙、眼脂、充血が重度でした。両眼とも細菌感染は見られませんでした。 治療3週間目の画像です。まだ、結膜は充血していますが両眼とも開いた状態になりました。 治療4週間目です。右眼角膜に多少の異常がありますが
両眼ともかなり改善されています。続きはまたの機会に!おだいじに!

Posted at 2011年03月02日 09時02分08秒