メインメニュー

動物眼科症例(慢性表層性角膜炎)

 動物眼科病院へ来院した。シーズー、9才、男の子の症例です。 19日前、初診時の画像です。左眼眼球結膜の充血、眼脂、2時の位置・角膜に肉芽線維が隆起していました。この肉芽には多数の血管が入り込んでいます。この状況は1週間ぐらい前から飼い主さんが気がついていたそうです。 点眼のみで18日間治療した結果です。2時の位置の肉芽線維の隆起は消え、血管のみが残っています。眼脂、眼球結膜充血はほとんど無くなりました。もうすこし継続して治療する予定です。なお、飼い主さんは急性角膜炎と思っていますが、これは慢性表層性角膜炎の結果ではないかと思われます。おだいじに!

Posted at 2009年04月02日 21時12分37秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*