メインメニュー

眼科症例(子猫の緑内障ー第2報)

初診時より28日目の画像です。右眼の眼圧は51mmHgより31mmHgに低下しましたが牛眼の状態はあまり変化がありません、ただし、ヘルペス感染症は非常によくなり、結膜充血、目やにはなくなっりました。また、右眼の強膜の充血もとれ、眼球の痛みもありません。猫では眼圧を落とす経口薬が副作用のため使用できませんので点眼のみで眼圧をコントロールしています。機会があれば次回の経過もお伝えします。

Posted at 2007年06月27日 20時33分12秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*