作家 中尾ゆうすけの書籍・講演情報 そして、「これはオススメ!」をご紹介
メインメニュー
WHAT'S NEW

あと3時間!

緊急連絡です!



中山マコトさんが新刊を出されました!

僕も先ほど読み終わったのですが

僕の本の中で書いたものにかなりリンクするものが多く

非常に役立つ内容でした。





「考えるな!人のアイディアを使え!」



本当はもっとじっくりご紹介したいのですが

時間があと3時間をきりました!



取り急ぎ中山さんからのメッセージです!



今月、10月25日(木)、26日(金)の2日間の

キャンペーン期間中に、アマゾンで、

『考えるな!人のアイディアを使え!』

をお買い上げいただいた方に、もれなく、音声によるテキスト、

『中山流!本当に役立つ「ネタ」をちゃんと訊き出す質問のテクニック!』

(約30分)』(非売品:語りおろし!)


をプレゼントさせていただきます。



これまで、どこでもお話ししたことがない、セミナーでもしゃべっていない、

本にも書いたことがない、「訊き出すテクニック」が満載です。

この「音声テキスト」だけで、数万円の価値があると自負しています。



10月25日(木)0:00〜26日(金)24:00の

2日間だけのプレゼントキャンペーンです。

 

Posted at 2007年10月26日 21時38分38秒  /  コメント( 0 )

中尾(絵手紙)語録220 隠さず全てを見せる

今日まで、絵手紙夏バージョンです(笑)

次の絵手紙から秋バージョンなります。

と言いつつ

オールラウンドな季節感のないものからはじまると思いますが・・・



中尾語録220

 隠さず全てを見せる



ほおずきの花言葉は「偽り」だそうです。

理由は良くわかりません(笑)

僕は花言葉の専門家じゃないのでいいんです^^



でも、ほおずきって袋で隠されていて

本当の実が中にあると思えば

その姿は偽りの姿なのかもしれません。



人でもそういう人いますよね。

本心を見せない人。



化けの皮がはがれるという言葉があるように

本心を隠してる人は、何かウラがあるように見えます。

周囲に信頼をされる人はやっぱり、

そういうウラのない人
ですよね。



 隠さず全てを見せる
 

Posted at 2007年10月11日 06時14分05秒  /  コメント( 0 )

中尾(絵手紙)語録219 後姿に人はついていく

えーーと、今日も時期ハズレな絵手紙です・・。
中尾語録219

 後姿に人はついていく



人を教育しようとか、きちんと育てようとか

立派なことを言う人はたくさんいます。

(おまえもそうだろう!というツッコミはナシでお願いします・・・)



でも、基本的に人は

人に言われたことをやるのはキライだし、イヤなので

やりたくない
わけですよ。



じゃぁ、どうするか?

やっぱり、背中を見せることでしょうね。



人に何かを教える立場の人が

行動の伴わない言葉を発しても説得力はないわけです。



行動を見て人は

「この人がいうならば・・・」

「この人についていこう・・・」

そう判断をするんです。


やっぱり、後姿もカッコよくないとね。


 後姿に人はついていく
 

Posted at 2007年10月10日 05時56分22秒  /  コメント( 0 )

中尾(絵手紙)語録218 新しい芽は内から生まれる

昨日、描き溜めた絵手紙が残り3枚とお話ししましたが



色を塗っていないものがたくさんあって、

昨日ちょっと塗りました。



なのでサイトにはアップしました^^



中尾語録218

 新しい芽は内から生まれる



ホテイアオイという水草は

新しい芽(葉?)が

内側から、内側から伸びてきます。



人が何かを産みだすときも

周囲から何か降ってくることを待つのではなく

自分の内から力を出さなければ新しいものは

生まれない
のかもしれませんね。



他力ではなく自力!



 新しい芽は内から生まれる
 

Posted at 2007年10月08日 22時12分02秒  /  コメント( 0 )

中尾(絵手紙)語録217 たたかれても文句言わない

描き溜めていた絵手紙が、今日を含めて3枚しかない!!

ブログの更新も遅れてるので事実上ショートしてる!!



かと言って焦って描いてもしょうがないので

近いうちに、心を落ち着けて描こうと思います。





中尾語録217

 たたかれても、たたかれても文句言わない



今日も時期ハズレなネタでスミマセン!

夏に描いたものが多いもので・・・






さて、スイカって、お店で選ぶ際に

みんながポンポン叩いていますが

スイカにしてみれば

「痛てぇなぁ!」

ってわけですよ。



次から次へと叩かれて、叩かれて

でも一度も文句言わないですね。

あたりまえですが(笑)



それでいて、とてもおいしい味を買った人に

提供してくれる・・・。



これ、スイカじゃなくて人だったら

すごいと思いません!?




 たたかれても、たたかれても文句言わない
 

Posted at 2007年10月07日 00時08分14秒  /  コメント( 0 )

中尾(絵手紙)語録216 違うものでも一つになれば世界が変わる

僕のサイトの人材育成コラムを久しぶりに読み返してみた。

誤字脱字が・・・(汗;

修正する時間も惜しく、そのままですが(オイオイ・・・)

内容的にはとてもすばらしいことを書いているなぁ←自画自賛(笑)

と思うわけです。



しいて言えば・・・

これは人材育成コラムなのか? ということでしょうか・・・。(笑)

どちらかといえば、「世の中に物申す!」的な内容かも。



まぁ、それは気にせず(開き直って)そのうちまた更新します!

更新の前に誤字・脱字を修正しろというツッコミはナシで・・・。



中尾語録216

 違うものでもひとつにすると世界が変わる



気づいた方もいるかもしれませんが

昨日と一昨日の絵手紙は2枚つながります。



実験的に2枚組みの絵手紙を書いてみました。

僕が思うに、

2枚組みというのは

それぞれの文章で内容が独立(完結)していなければならず

かつ

セットにしても話が通じることが必用だと思うわけです。



まるで別々のものでもひとつになることで

新しいものに生まれ変わる
んですね!



でこんなん書いてみました^^

近いうちにまたそういうのを描いてみようと思います。



 違うものでもひとつにすると世界が変わる



 

Posted at 2007年10月04日 06時03分31秒  /  コメント( 0 )

中尾(絵手紙)語録215 それぞれの持ち味が必要

このところすっかり更新が滞ってしまいました・・・。

ある雑誌の原稿を書いていたもので・・・

と言い訳をしつつ、詳しくは、年末以降に!



中尾語録215

 それぞれの持ち味が必用





とうもろこしは根本(ん? 根元?)と

先端部では甘さが違うんです。



もしも全体が同じ味だったら

たぶん飽きてしまう
でしょうね。



色んな味があるからいいんでしょう。



組織の中にも

営業が得意だったり

資料作りが得意だったり

語学が得意だったり

人脈が広かったり

いろんな人がいるから成り立つんですよね。



 それぞれの持ち味が必用

 

Posted at 2007年10月02日 23時10分36秒  /  コメント( 0 )

中尾(絵手紙)語録214 輝いていれば大きさは関係ない

中尾語録214

 
輝いていれば大きさは関係ない





とうもろこしは一粒、一粒は小さいのですが

一つひとつに輝きがあり、

どれかひとつ欠けていてもおかしい。




組織の中でも目立たなかったりする人はいても

どこか輝いていたり

その人が休むとなんだかポカンと穴が開いたようになったりする。

リーダーだけが偉いのではなく

一人ひとりの存在が輝いている
んですよね。



 輝いていれば大きさは関係ない

 

Posted at 2007年09月30日 23時45分07秒  /  コメント( 0 )

中尾(絵絵手紙)語録213 大事なことは受け継いでいかなければならない

中尾語録213

 
大事なことは受け継いでいかなければならない



中尾語録206とほぼ同じ内容です(笑)

この絵手紙も8月の「10代を真剣に考える1日」用に

描き直しました。



昨今の痛ましい事件はこういうことに手を抜いてきた

親の責任もあるんじゃないかな?



 大事なことは受け継いでいかなければならない
 

Posted at 2007年09月28日 06時00分01秒  /  コメント( 0 )

中尾(絵手紙)語録212 人生は輝く時間よりも、その準備時間のほうが長い

中尾語録212

 人生は、輝く時間よりも、そのための準備時間の方が長い



セミは7年もの間、暗い土の中ですごします。

(種類によって違うらしいですが・・・)

土の中でも、意外に天敵も多く、

成虫になるのはかなり少ないらしい。



大変な思いで7年間も過ごしたから、

成虫になったら、大空を自由に飛び、

大き鳴き、声で存在感をしめす



もしかしたら、人生の中では

輝く時間よりも、そのための準備時間の方が長いのかも
しれない。



大丈夫

苦労はいつか報われます。

それは大空に羽ばたくための準備期間
なんだから。



 人生は、輝く時間よりも、そのための準備時間の方が長い
 

Posted at 2007年09月24日 21時38分16秒  /  コメント( 0 )