たかが名刺、されど名刺−−。印象に残った名刺やユニークな名刺を紹介します。

■手作り名刺のデメリット(私の名刺失敗談)

こんにちは。
名刺コンサルタントの堀内です。

本日は、私の名刺作りの失敗談をお話ししたいと思います。

今でこそ、名刺コンサルタントとして名刺の本を出版し、
日本名刺協会の理事も務めている私ですが、

じつは過去に、名刺作りで大きな失敗をしたことがあります。
(小さな失敗はたくさんありますが・・・)

それは、ライターとして独立して最初に作った名刺↓でした。
http://ameblo.jp/bunsyo/entry-10862512612.html

              ◆

当時、名刺に関する知識がまったくなかった私は、

当然のように、表面には「肩書き」「名前」「連絡先」だけ、
裏面は「白(=何も書いていない)」の名刺を作りました。

それが「名刺」だと思っていたからです。

これも失敗の一つなのですが、
このときの失敗はもっと別のところにありました。

それは何かというと、コストを抑えようとして
自分で家庭用プリンターで作ってしまったことです。

当然、見栄えの点では、印刷された名刺には劣るわけです。

それでも当時の私は、

「手作り感があっていい!」と思っていました。

しかし、そんな自己満足は、カミさんの一言で
吹っ飛んでしまいました。

その一言とは?

              ◆

「その名刺、貧乏臭いからやめれば〜」

ショックでしたね。

女性の目からは、貧乏臭く見えているのかと!
(男性からも、そう見えていたかもしれません)

でも、言われてみれば、そうかもしれません。

私もときどき手作りの名刺を頂戴することがありますが、
やっぱりそう思ってしまいますからね。

(特に、名刺用紙から切り離したときの
 ミシン目のギザギザが残っているもの)

サラリーマンの方のセカンド名刺ならまだしも、

士業や個人事業主の方が、自作名刺を使っているのを見ると、

「第一印象で損をされているな」と心配になってしまうのです。

              ◆

じつは、
この手作り名刺には、2つの大きなデメリットがあります。

1つは、どうしても信用力が落ちるということです。

見た目が貧相だと、どうしても信用力が落ちてしまいます。

その結果、仕事の依頼が来なくなることに
なってしまうわけです。

              ◆

2つ目は、セルフイメージが下がってしまうことです。

確固たるポリシーがあって自作名刺を使うなら別ですが、

ただコスト削減のためだけに、手作り名刺を使い、

名刺交換のたびに「お恥ずかしい名刺ですが・・・」などと
言いながら、自作名刺を渡していたら、

どんどん卑屈になっていってしまいます。

実際、カミさんに「貧乏臭い」と言われてからの私がそうでした。

自作名刺を渡すのが恥ずかしくなり、

「こんな名刺しか作れない自分」がどんどん嫌になり、

セルフイメージが低くなっていったのです。

それに気づいたとき、私はすぐに自作名刺をやめ、
印刷屋さんにお願いすることにしたのでした。
(内容は同じままでしたが・・・)

              ◆

以上、「信用力が落ちる」と「セルフイメージが下がる」の2つが、
自作名刺の大きなデメリットですが、
 
このうち、どちらのデメリットが、
あなたにとってのダメージが大きいと思いますか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ↓

じつは後者の「セルフイメージが下がる」なんです。

なぜなら、名刺交換をしたときに、
自分が差し出した貧相な名刺を見て、

「自分はこんな名刺しか作れない・・・」というように、
セルフイメージが下がってしまうと、

自分に対する自信もなくなってしまうからです。

これが名刺交換をするたびに起こるわけですから、
怖いと思いませんか?

そうなると、売れるものも、売れなくなってしまいます。

売れない原因としては、

「信用力のなさ」よりも、
「売る人の自信のなさ」の方が大きいかもしれません。

なぜなら、人は自信のない人から買いたくないからです。

「この人、大丈夫かしら?」と、不安になりますからね。

特に、士業の先生や、コーチ、コンサルの人は要注意ですね。

              ◆

だからといって、高額な名刺を作る必要はありませんが、

できれば、名刺交換のたびに
自分のセルフイメージが上がるような名刺を
作ることをおすすめします。

そのためには、自作ではなく、
きちんと印刷された名刺にすることはもちろんですが、

これだけでは、セルフイメージがマイナスからゼロに戻るだけ。

セルフイメージを上げるためのポイントは、
大きく次の3つです。

(1)自分の納得いく名刺を作る
 
  ※自分でどこか納得していない名刺を使っていると、
   またセルフイメージが下がってしまいます。

(2)名刺のプロに頼む

  ※「これ、名刺のプロの○○さんに作ってもらった名刺なんです」
   と言えると、セルフイメージが上がるのではないでしょうか。
   ブランドもののバックを持つのと同じ感覚です。

(3)少しだけ背伸びした肩書きをつける

  ※ここで大きく背伸びをしてしまうと、
   今の自分とのギャップが大きすぎて、無力感を感じてしまい、
   逆にセルフイメージが下がってしまいます。

   したがって、「少しがんばればなれそうな肩書き」や、
   「1年後にこうなっていたいという肩書き」にしましょう。

              ◆

名刺はあなたの分身です。

だから、あなたには
セルフイメージの上がる名刺を持って欲しい。

そんな想いで以下のプロジェクトを始めることにしました。


■幸せを引き寄せる「夢名刺」制作プロジェクト
  <名刺100枚につき200円を義援金として寄付します>

 ※プロジェクトの詳細はこちらです↓

 http://www.elm-p.com/yumemeishi.html

印刷・納品まで、全国対応でお受けします。
 
私があなたの名刺作りを応援します!

ということで、本日は以上です。

Posted at 2011年04月26日 11時55分47秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*